Management

「尾木氏が日大指導者に「独裁者の顔は見たくない」」

以下、日刊スポーツ(2018年5月24日)より。 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(71)が、日大アメリカンフットボール部の内田正人前監督(62)と井上奨コーチ(30)が行った会見の内容に「恥ずかし過ぎる!」と不快感をあらわにし、辞職すべきとの…

「日大コーチ「心を育てるため過激表現」 反則指示は否定」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月23日22時29分)から。 過激なことは言ったが、反則は指示していない――。アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で日大の選手が悪質なタックルをした問題で、日大アメフト部の前監督とコーチは23日、記者…

「「自浄作用働かせ究明を」アメフト問題で日大教職員組合」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月21日15時57分)から。 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦(6日、東京)で、日大の守備選手が関学大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、日大教職員組合は21日、日大の田中英寿理事長、…

「日大アメフト下級生100人の乱 退部者続出崩壊も」

以下、日刊スポーツ(5/19(土) 5:01配信)より。 日大アメリカンフットボール部が崩壊危機に向かっている。日大関係者が18日、退部者続出の可能性があると明かした。 ラフプレー問題が拡大する中、日大は関学大の抗議に指導者と選手が乖離(かいり)したな…

「日大理事会、アメフト問題を取り上げず 内田監督ら出席」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月18日18時54分)から。 アメリカンフットボールの関学大との定期戦(6日、東京)で、相手選手に悪質なタックルを浴びせて負傷退場させた選手が所属する日大は18日、理事会を開いた。日大広報部によると、反則行為につ…

「日大アメフット部 解体危機、悪質タックル問題 監督続投なら選手ボイコットも」

以下、スポニチアネックス(5/17(木) 4:52配信)より。 学生アメリカンフットボールの試合で日大の選手が悪質なタックルを見舞った一件で、関学大の抗議文書に対する日大の回答に内田正人監督(62)の辞任が盛り込まれていないことが16日、関係者の話で…

「豊洲集客の目玉、暗礁 業者「築地活用」に反発・都、再々公募踏み切れず 千客万来施設」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月16日16時30分)から。 豊洲市場に整備予定の集客施設「千客万来施設」の行方が混沌(こんとん)としている。豊洲移転後の築地市場跡地の再開発について、小池百合子・東京都知事が「食のテーマパーク」構想を掲げたこと…

「反則3度のアメフト日大選手、関東学連が異例の処分」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月10日18時18分)から。 アメリカンフットボールの関東学生連盟は10日、日大と関学の定期戦(6日、東京・アミノバイタルフィールド)で3度の反則行為をし、退場処分を受けた日大守備選手に対して、対外試合出場を禁止…

「稲田氏批判は「かわいそう」 かばう官邸、強まる逆風」

以下、朝日新聞デジタル版(2017年7月8日10時12分)から。 稲田朋美防衛相が一段と苦境に立たされている。自民党が惨敗した東京都議選の応援演説が問題視される中、九州豪雨への対応をめぐって野党だけでなく足元の自民党内からも批判される事態に。首相官邸…

「稲田防衛相、豪雨対応中に一時不在 「政務」理由に」

以下、朝日新聞デジタル版(2017年7月6日19時47分)から。 九州北部を襲った豪雨の行方不明者らの捜索救助に自衛隊があたっていた6日昼、稲田朋美防衛相が「政務」を理由に約1時間、東京・防衛省を不在にする一幕があった。大臣、副大臣、政務官の政務三役…

「大阪府教育長が辞職表明 部下へのパワハラ問題」

大阪府の中原徹教育長が辞職表明。以下、朝日新聞から。 大阪府の中原徹教育長(44)は11日、府教育委員会の臨時会議で教育長の辞職を表明した。職員らへのパワーハラスメントや威圧的言動を府教委の第三者委員会に認定され、「現場に迷惑をかけており決…

もう一言だけつけ加えていえば、教師集団の大切さを訴えたい

そして、もう一言だけつけ加えていえば、教師集団の大切さである。 一人ひとりの教師の力が大切であることは言うまでもないけれど、それでも一人ひとりの教師の力だけでは、それでは弱いことも事実である。やはり教師は、教師集団として、教育にあたらないと…

教職員の「チーム力を大切にする学校運営」が重要

それで、成果をあげている学校は、「教職員の間に信頼関係がある」という。成果をあげている学校は、「一人ひとりの力を引き出そうとし、課題を抱える教員をカバーしつつ、責任をおろそかにしない運営」をしているというのだ。これはあらためていう必要もな…

「効果のある学校」づくりのために

公立学校が抱える根本的な課題に取り組むため、「効果のある学校」とはどういう学校なのか、8人の研究者が11の公立小中学校に1年間近く通って得た学力向上の鍵は以下の七つであると、今朝の朝日新聞が報じていた。 子どもを荒れさせない 子どもを力づける集…