ハミルトンまで車を飛ばす

 朝、長身の入れ墨をした男はバイクをいじっている。昨日会った女性は子どもを学校に連れて行くような様子。
 そして、我々は今日ワイヒからハミルトンまで車を飛ばして、サトシさんをバスディーポで降ろす予定だ。
 ハミルトンのバスディーポに着くと、サトシさんは、ヒッチハイクで乗せてもらった人のメッセージを一枚の布切れに書いてもらっていたものを出して、私もそこにメッセージを書くように求められた。
 おそらく私が最後の方の部類になるだろうと、彼は言った。