アダプターを買うためにブギスの駅で降りる

 リトルインディア近くのブギス(Bugis)の駅で降りてみると、1ドルでやしのみのジュースを売っている。凍らせたやしのみを自然解凍させ、頭の部分を包丁で、たたき割るように、丸くくりぬいている。暑いせいか、結構人気がある。白い身もプラスチックのサジで食べているので、私も真似て食べてみたが、味はあまりうまくもなく、取るのもむずかしいので、途中で私はあきらめた。
 ブギス駅から、リトルインディア方面に向かう。シムリムは、コンピュータ関係など、まさに秋葉原のようなところで、一軒目ですぐにアダプターを見つけることができた。
 このアダプターは、3.5シンガポールドルだった。
 宿に戻ると、身体全体が汗ばんでいる。シンガポールでは、クーラーが必需品だ。安宿でも、クーラーがあることはありがたい。