シンガポールの中心街は物価が高い

 シンガポール滞在中に行っていないところ、オーチャード道路にも行ってみた。この周囲の高級ホテルには、スパやマッサージもあるが、スパを楽しむことは次回にまわすことに決めた。
 オーチャードロードは有名な通りだが、今回オーチャードロードは歩かないことに決めて、またMRTに一駅乗ってニュートン駅に向かった。一駅のニュートン駅まで行ったのは、駅近くのニュートンフードセンターに行くためだ。
 フードセンターの方向がわからずにニュートン駅でうろうろしていると、中国系シンガポール人が何をお探しですかと親切に話しかけてくれた。
 フードセンターの方向を聞くついでに、私がシンガポールで買い物ではどこがいいでしょうかと尋ねると、買い物なら、ビシャン(Bishan)駅などは新興地域で中産階層の住む高層ビルが並び、大きなデパートがあってオーチャードなんかより確実に安いという。
 またアンモーキオ(Ang Mo Kio)駅なら、小さな商店もある。買い物なら、ビシャンやアンモーキオがお薦めだと彼は言った。
 ニュートンフードセンターは昼間は店はあまりやっていないと言っていたが、そうでもない。結構人がいる。
 飲み物を売っている店では、定番のシュガーケインジュースをつくっている。サトウキビを昔の洗濯物の搾り器のようなものに何回も通して搾り取っている。
 このシュガーケインジュースは、100%のもので何も加えていない。
 チャオメンを注文したが、ここもうまかった。
 ここは日本語表示がしてあるから、日本人も結構来るのかもしれない。オーチャードロードから近いから、場所柄、来やすいのだろう。

  • Newton Food Centre (Scouts Road)