Merry Christmasなんてのは、今日的挨拶にもならない

お洒落な街の飾り

 日本では今日がクリスマス、そして昨日がクリスマスイブだったわけだけれど、日本と合州国とでは時差があるから、合州国では、今日がクリスマスイブになる。
 さてそれでは、合州国で、Merry Christmas!なんて、挨拶として言っているかどうかということだけれど、もちろん、これは相手がキリスト教徒に限って許されるということになる。
 世界の三大宗教は、キリスト教と、仏教、回教なんてことを、その昔、高校の社会科で習ったことがあるけれど、そうした宗教的差異を無視して、挨拶としてでもメリークリスマスなんて言うのは、能天気だと言われても仕方がない。だからMerry ChristmasよりもHappy Holidaysなんていうほうが、PC上、良いに決まっている。
 PCとは、言うまでもなく、「政治的に正しい」(politically correct)、または「政治的正しさ」(political correctness)のことで、社会的に主流ではない社会的弱者も含めて、いろいろな立場の人たちを無意識に攻撃したり狼狽させないようにする配慮のことをいう。
 世の中には、キリスト教でない人たちはたくさんいるのだから、Merry Christmas!なんて挨拶を不特定多数の人にするということは、PC上問題があるということだ。たとえば、ユダヤ教なら、ハヌカのお祭りをおこなうことになるから、Happy Hanukkah!となる。ということで、Merry Christmasよりも、Happy Holidaysなんて挨拶の方が、安全であり、用途範囲が広く、PC上も良いということになるわけだ。
 日本人は、キリスト教徒でもないのに、クリスマスケーキを買って、メリークリスマスなんて挨拶を言う人が多すぎやしないか。いろいろな立場の人が存在するということを認めることが異文化理解や国際理解だとすれば、日本人はこの辺から第一歩を学ばないといけない。
 さらにもう一つ言わせてもらえれば、日本は、アメリカ、アメリカと、アメリカ一辺倒のわりには、このメリークリスマスの挨拶に象徴されるように、私たちはアメリカ合州国の本質を理解していないのではないか*1
 ということで、そろそろメリークリスマスをやめて、ハッピーホリデイズにしたいのだが、私たちが「よい休日を!」(Happy Holidays!)と互いに言い合えるようにするためには、まず休日と呼べるものが私たちに与えられないといけないのだけれど。

*1:この辺の事情の一例として、このブログで、ハローウィーンについて書いたことがある。