「「経産省にだまされるな、安倍首相に言ったのに」小泉氏」

amamu2018-07-24

 以下、朝日新聞デジタル版(2018年7月24日07時00分)から。

 小泉純一郎元首相が朝日新聞のインタビュー取材に応じ、「原発ゼロ」に向けた国民運動をこれからも続けていくという考えを強調した。インタビューの主なやりとりは次の通り。

「安倍首相で原発ゼロ もう無理だ」小泉元首相が失望感

 ――2013年11月の記者会見では、首相の決断で「原発ゼロ」はできると力説しました。

 「安倍首相が決断すれば、国民の多数は支持する、という意味で言ったんだよ。あの後、安倍首相に会ったときに『経産省にだまされるなよ』と何回も言ったが、苦笑するだけだった。もう無理だね。5年経っても気付かない。もったいない、やればできる大事業なのに見過ごした」

 ――――安倍政権は原発政策を推し進めています。


 「(原発推進の勢力が)強いんだな。原子力産業の事業の裾野は広い。原発1基つくるだけで今、1兆円かかる。それにつながる企業がたくさんある。従業員の労組もおさえているから、(支援を受ける)野党もはっきり言えない」

 「しかし、日本はいずれ、『原発ゼロ』をやらざるをえない。太陽光発電風力発電もどんどん値段が安くなる。原発は安全対策などでますます高くつく。政府支援がないとやっていけないのが原発だ」

 ――5年前の会見で、高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の処分場について「メドをつけられると思う方が楽観的で無責任」と。その後も大きな進展はありません。

 「ない。福島の事故前から、原発は『トイレなきマンション』と言われた。私は13年8月、フィンランドの最終処分施設『オンカロ』を見て、『原発ゼロ』への確信を強めた。地下約400メートルで10万年、放射能が漏れないように保管する。ははは、いま、西暦2千……。それほど危険性が強い。日本は掘ると水どころか温泉が出る。そんな国で10万年保管できる場所は見つからないだろう」

 (後略)

聞き手=小森敦司、関根慎一