”When the going gets tough, the tough get going”

Sail Away

 Randy NewmanのSail Awayというアルバムの中には、Sail Away, Political Science, Burn Onなどの名曲が入っているのだが、このアルバムの中にMemo to My Sonという唄がある。
 この唄の中に、When the going gets tough, the tough get goingという歌詞があって、これがなかなかむずかしい*1
 ひとつひとつの語彙はわかっても、全体のイメージやシンボルをつかむことができないのではないか。
 The going gets toughは、決まり文句で、「状況が悪くなる」ということだ。
 だから、When the going gets tough, the tough get goingは、「状況が困難になれば、不屈な者がそれを克服して先にすすむ」ほどの意味になる。

 Randy NewmanのMemo to My Sonで、ランディ=ニューマンは次のように歌う。


A quitter never wins
A winner never quits
When the going gets tough
The tough get going


 簡単に諦める三日坊主が勝つことはないし
 勝つ奴は、けっして止めやしない
 状況が悪いときは
 不屈な者しか進めないものだ


 乱世を生き抜くのは厳しいのである。

*1:Billy Oceanが1985年に歌ったWhen the Going Gets Toughという唄にも、同じ歌詞が使われている。