「大谷翔平、6試合本塁打なし 2戦連続安打もゲレーロJr.と2本差に広がる」

以下、Full-Count(2021.09.18)より。

full-count.jp

次回の登板は20日のアスレチックス戦に決定
■アスレチックス 5ー4 エンゼルス(日本時間18日・アナハイム

 エンゼルス大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、敵地・アスレチックス戦に「3番・指名打者」で先発出場した。初回の第1打席で右前打を放ち、4打数1安打で打率.256となった。6試合連続アーチなしで、両リーグ最多46本のブルージェイズゲレーロJr.と2本差となった。チームは4-5で惜敗した。

 強烈な一打だった。初回1死一塁。左腕アービンの低めスライダーに食らいつく。右前へ打ち返し、一、三塁にチャンスを広げた。後続が倒れ、得点につながらなかった。

 しかし、その後バットから快音は響かなかった。2回1死一塁は三飛に倒れ、5回先頭は左飛。7回2死は左腕ディークマンに見逃し三振した。10日(同11日)の敵地・アストロズ戦で44号を放ってから6試合足踏みとなり、この日両リーグ最多46号を放ったゲレーロJr.との差は2本に開いた。

 右腕の張りでこの日の先発登板を回避したが、試合前にブルペンで32球。次回登板は19日(同20日)の本拠地・アスレチックス戦に決まった。勝てば両リーグでは1918年ベーブ・ルース以来の2桁勝利&2桁本塁打の偉業を達成する。(Full-Count編集部)

タイム誌の今年の100人に大谷翔平選手が選ばれる

 その年に影響力のあった100人を毎年選んでいるタイム誌*1

 その100人にMLBで活躍している大谷翔平選手が選ばれた*2

 以下、タイム誌(SEPTEMBER 15, 2021 7:19 AM EDT)より。

He’s the modern-day Bambino—and yet even Babe Ruth wasn’t stealing 20-plus bases, hitting 40-plus homers and throwing 100 m.p.h. in the same season. Only Shohei can. If you were to Frankenstein every unique talent into one player, you’d get Shohei Ohtani. He has the power of Bryce Harper, the pitching of Max Scherzer and the speed of Trea Turner.  (from Time magazine SEPTEMBER 15, 2021 7:19 AM EDT)

(拙訳)

 彼は現代のバンビーノ(ベーブ・ルース)だ。そのベーブ・ルースですら、シーズン中、20以上もの盗塁はしていないし、40本以上のホームランも打ってはいない、160キロのスピードのボールも投げてはいない。それができるのは翔平だけだ。もし(選手団から)それぞれ唯一無二の才能を集めて一人の選手にそそぎこむことができるとすれば、それが大谷翔平だ。彼は打者ブライス・ハーパーのパワーと、投手マックス・シャーザーの投球と、トレイ・ターナーの走力を持っている。

Not only is he incredible on the field, but off the field he’s a gentleman. His teammates have only good things to say about Shohei, and he is great with the media and fans too. You can tell he is a hard worker, from his improvement year to year and his vertical-jump increase to the career-year he’s put together in 2021.

(拙訳)

野球場のフィールドにおいて信じがたい能力を示すばかりでなく、フィールドの外においても、彼は紳士である。彼のチームメイトは翔平について悪いことは言わないし、メディアやファンにたいしても彼はすばらしい。年を追うごとの改善、そして大ブレイクして、それまでの努力を実らせ2021年をキャリア最高の年にしたことからみても、彼が努力家であることがわかるだろう。

Shohei has been a true joy to watch this year. I am a huge fan, and he is easily worth the price of admission. I can’t wait to see how he finishes the season.

(拙訳)

今年翔平の活躍が見られたことは本当に喜びであった。わたしは彼の大ファンだ。彼を見るだけで入場料を払う価値のある選手だ。彼がこのシーズンをどのように終えるのか、わくわくして待ち切れない。

 

 以下、タイム誌(SEPTEMBER 15, 2021 7:19 AM EDT)より。

time.com

*1:昨年は、伊藤詩織さん・大坂なおみ選手が選ばれていた。「「世界で影響力」100人に伊藤詩織さん・大坂なおみ選手 米誌タイム選定、女性最多54人」 - amamuの日記

*2:書き手はアレックス・ロドリゲス(Alex Rodriguez)元MLB選手。MLBで活躍した選手だが、薬物問題などゴシップも少なくなかった。

「小6女児自殺、いじめ訴える遺書 配布タブレット端末に悪口か」

f:id:amamu:20051228113107j:plain

以下、朝日新聞デジタル版(2021年9月13日20時26分)から。

 東京都町田市で昨年11月、市立小学校に通う6年生の女子児童(当時12)が同級生からいじめを受けたという内容の遺書を残して自殺していたことが分かった。児童の両親と代理人弁護士らが13日、文部科学省で記者会見して公表した。町田市教育委員会はいじめ防止対策推進法の「重大事態」にあたるとして、調査している。

 両親らによると、小学校に1人1台配られたタブレット端末のチャット機能を使って「うざい」「きもい」などの悪口が書き込まれていたという。「端末がいじめの温床につながった」として同日、端末の配備を進める文科省に、端末を使用する学校でのいじめ防止対策の再点検と徹底を要望した。

 両親や代理人弁護士らの説明によると、遺書には複数の同級生の氏名といじめの内容が書かれていた。両親がクラスの友人や保護者らに話を聞いたところ、タブレット端末で女子児童への悪口が書き込まれていたと、複数の証言を得たという。ほかにも、「(女子児童の)ころしかた」と書かれたノートの存在も明らかになり、現在学校で保管されているという。母親は会見で「(娘は)天真らんまんで明るく、亡くなるまでいじめに遭っていることは知らなかった」と話した。

 町田市教委によると、児童が通っていた小学校では昨年9月、「児童間でトラブルがあった」と把握し、経過観察をしていたという。市教委は今年2月に「重大事態」と認定し、3月にいじめ問題対策委員会をつくり、調査を始めたという。(前川浩之)

「小鳥の鳴き声は言語だった 文法まで突き止めた日本人研究者」

f:id:amamu:20051228113107j:plain

以下、朝日新聞デジタル版(2021/9/14 5:00)から。

「小鳥はとっても歌が好き」。そんな童謡もありますが、実はあの鳴き声は、仲間に大切なことを伝達しているのかもしれません。鳥類のコミュニケーションを研究している動物行動学の鈴木俊貴さんに聞きました。

リレーおぴにおん 「声を感じて」
 小鳥のシジュウカラは鳴き声を複雑に使い分けます。天敵を見つけて周囲に警戒を呼びかけるとき、ヘビなら「ジャージャー」、タカでは「ヒーヒー」。私はこうした鳴き声一つ一つに意味があるのではないかと考え、「シジュウカラ語」を研究しています。

 シジュウカラに、録音しておいた「ジャージャー」を聞かせてみると、地面を見たり茂みをのぞいたり、まるでヘビが潜む場所を探すかのようにふるまいます。では、「ジャージャー」を聞いたとき、彼らはヘビの姿を思い描いているのでしょうか。ある実験で調べました。

(後略)

(聞き手・中島鉄郎)

「大谷翔平、3の1も2戦ぶり一発ならず ゲレーロJr.にHRトップで並ばれる、エ軍惜敗」

 以下、Full-Count(2021.09.13)より。

full-count.jp

「江川紹子氏、八代弁護士の謝罪は「虚偽コメントへの謝罪とは言えません」」

以下、日刊スポーツ(9/13(月) 14:37)より。

www.nikkansports.com

ジャーナリストの江川紹子氏が、八代英輝弁護士が共産党に関する発言を謝罪したことについて、「虚偽コメントへの『謝罪』とは言えませんね」と指摘した。

江川氏は13日、ツイッターを更新し、八代弁護士がレギュラーMCを務めるTBS系情報番組「ひるおび!」(月~金曜午前10時25分)に生出演し、「先週の私の発言ですが、私の認識は閣議決定された政府見解に基づいたものでした。一方、日本共産党はたびたび否定されていることも申し上げるべきでした。申し訳ありませんでした」と頭を下げ「テレビで発言する者として、今後はより正確にバランスに配慮し、言葉に責任を持っていきたいと思います」と発言したことに言及。「八代氏のは、自分の発言は政府の見解に沿ったもの、という『弁解』であって、共産党綱領にないことを『ある』とした虚偽コメントへの『謝罪』とは言えませんね」とした。

また、作家の盛田隆二氏もツイッターで「“確認不足で申し訳ない”的な、謝罪になっていない謝罪でした。このデマ発言、ますます根が深い問題になりそうです」とした。

八代氏は10日の「ひるおび!」で、衆院選での野党共闘の話題を取り上げた際に「志位委員長がつい最近、『敵の出方』という言い方をやめようとは言ってましたが、共産党は『暴力的な革命』というのを、党の要綱として廃止してませんから。よくそういうところと組もうという話になるな、と個人的には思います」と、共産党と連携する可能性がある野党について言及していた。