「買ってきて横浜、カジノ誘致の方向 山下ふ頭、候補地か IR」

以下、朝日新聞デジタル版(2019年8月20日5時0分)から。

 横浜市が、カジノを含む統合型リゾート(IR)を誘致する方向で調整していることが、市関係者への取材でわかった。東京都心や羽田空港からの交通の便がよい横浜港・山下ふ頭(同市中区、47ヘクタール)が候補地とみられる。ただ、IR誘致には市民の間や議会内で反対論も根強く、林文子市長が正式表明に踏み切れば激しい反発も予想される。

 ■9月議会へ予算案

 市関係者によると、市は9月の市議会定例会に、IR関連の約3億円の補正予算案を出す方向で最終調整している。可決されれば、誘致に向けた具体的な検討に入る見通し。

 林市長は一時、誘致に前向きだったが、2017年の市長選を前に「白紙の状態」と慎重姿勢に転じた。一方、昨年7月のIR実施法成立後、IRに関心がある民間事業者から構想案を公募。「白紙」の姿勢を維持しつつ、IRに関する情報を集めてきた。公募には12事業者が提案を寄せ、投資見込み額を1兆3千億円とするものもあった。

 IR誘致を巡っては、横浜商工会議所などが経済活性化や観光消費につながると推進の姿勢を見せるが、市民にはギャンブル依存症や治安悪化などへの懸念からカジノに反対する意見が多い。さらに、山下ふ頭を利用する企業が加盟する横浜港運協会(藤木幸夫会長)が強く反対している。(武井宏之

 ■大阪・和歌山・愛知・長崎・北海道、誘致争う

 政府はIRを国内3カ所まで整備する方針を示しており、誘致の動きは全国で活発化している。

 大阪府・市は今年2月、IR事業者の公募指針となる大阪IR基本構想案をまとめ、事業者の選定作業に着手。「本命」として国内外の7事業者が参加登録するなど、誘致が既定路線化している。横浜市が誘致を表明するとの報道を受け、大阪府の吉村洋文知事は「首都圏に1カ所というのは当初から想定していた」と述べた上で、「(横浜などと)切磋琢磨(せっさたくま)しながら、世界に誇れるIRを実現したい」と語った。

 和歌山県和歌山市の人工島を候補地に誘致計画を進めている。5月には弁護士やギャンブル依存症対策の専門家らを集めた有識者会議を設置し、仏大手カジノ事業者も市内に事務所を開いた。他に中部空港島での誘致を構想する愛知県、テーマパーク「ハウステンボス」を核としたIR誘致を目指す長崎県、3市村の候補地から苫小牧市が最も集客が見込めると試算した北海道で計画が進んでいる。

 政府は秋以降、規制・監督機関となる「カジノ管理委員会」を設置するとともに、国土交通相が管理委の意見を聞いて整備の意義や目標を定める「基本方針」を策定する。この基本方針を踏まえ、都道府県や政令指定市とカジノ事業者が作る「整備計画」を審査し、全国で最大3カ所の設置場所を決める。開業について国は2020年代前半をめどとしている。(坂本純也、小峰健二)

「大谷翔平、4の2で打率.302 自己最長10戦連続安打&チーム最多11盗塁もサヨナラ負け」

以下、Full-Count(2019.08.20)から。

エンゼルス大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、敵地・レンジャーズ戦で「3番・指名打者」で2試合連続先発出場。2回の第2打席で自己最長10試合連続安打となる左中間適時三塁打を放つと、7回の第4打席で二塁強襲の内野安打。2試合連続、今季31度目のマルチ安打をマークし、4打数2安打1打点1四球。打率.302とし、約1か月ぶりに打率3割に乗せた。また、チームトップとなる今季11個目の盗塁も記録。打って走って躍動したが、チームは延長11回にサヨナラ負けを喫した。

「IOCも想定外? 五輪テスト大会でわかった日本の暑さ」

以下、朝日新聞デジタル版(2019年8月19日13時30分)

 東京五輪の招致委員会が「温暖で理想的な気候」としていた東京の夏は、猛烈な暑さだった。各競技団体や選手は今夏、テスト大会で様々な「暑さ対策」を講じ、1年後の本番に備えているが、開始時間やコースの変更を求める声もあがっている。

 国際オリンピック委員会(IOC)は20年五輪の開催都市を募る際、「7月15日から8月31日まで」の開催を求めていた。前回64年の東京五輪が行われた秋だと大リーグなど、欧米の人気スポーツと重なるため、多額の放映権料を払う海外のテレビ局に配慮した。東京五輪の招致委はIOCに提出した立候補ファイルで、大会日程について「この時期の天候は晴れることが多く、かつ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候である」と記している。

 しかし開催決定後、酷暑対策で男女マラソンなどの開始時間が変更に。さらに今夏、馬術のテスト大会でも選手から開始時間の変更を求める声が出た。

 コースの変更を求める選手も。陸上男子20キロ競歩世界記録保持者の鈴木雄介富士通)は五輪のレース1年前の7月31日朝に実際のコースを歩き、気候や路面状況を確認。「自分にできるのはベストコンディションをつくることと、暑さに慣れること」と話しつつ、「ほぼ日陰がなくて脱水になってもおかしくない。可能ならコースを再考してほしいと思った」と訴えた。

(後略)

「大谷翔平74打席ぶり16号で名物実況も“復活”「ビッグフライ、オオタニサン!」」

以下、Full-Count(2019.08.19)から。

エンゼルス大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地のホワイトソックス戦で「3番・指名打者」で2試合ぶりに先発出場。7回の第4打席で中越え16号2ランを放った。23日ぶりとなる一撃に、名物実況も「ビッグフライ、オオタニサン!」と名台詞を炸裂させた。

「大谷、今季最長タイ8戦連続安打で逆転勝ちに貢献! 「ルパン三世」に乗って代打安打」

以下、Full-Count(2019.08.18)から。

エンゼルス大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地のホワイトソックス戦で10試合ぶりにベンチスタート。7回に代打で登場し、中前打を放った。8月初アーチ、18試合70打席ぶりの本塁打は飛び出さなかったが、勝負強い打撃を見せた。チームは大谷の一打から一挙4得点を挙げ、6-5で逆転勝ちした。

「米中緊迫のさなかに 台湾へのF16売却、米国の思惑」

以下、朝日新聞デジタル版(2019年8月17日22時36分)から。

 トランプ米政権が台湾に対し、新型のF16V戦闘機の売却に踏み切った。台湾は悲願の防衛力強化を喜ぶが、中国は相次ぐ武器供与に強く反発。貿易や香港問題でこじれた米中関係は、米国の新たな一手で、さらに険悪化しそうだ。

 トランプ政権は中国を「競争国」と位置づける一方、台湾との防衛関係強化を打ち出し、積極的な武器売却を進めてきた。米政府関係者によれば、F16V戦闘機の売却はかねて方向性が定まっていたが、最終決定がずれ込んでいた。米メディアは今回の決定の背景に、対中強硬派のボルトン米大統領補佐官の働きかけがあったと伝えている。

 決定は米中関係が最も緊張している局面で行われたとも言える。エバン・メデイロス元米国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長は米紙に「貿易交渉と香港問題への対応はより難しくなるだろう」と語った。

 ただ、売却決定はまだ、米議会側に「非公式」通知された段階だ。「公式」通知に至るまで、トランプ大統領が最重視する対中貿易交渉の交渉材料の一つに使う可能性も残っている。(ワシントン=園田耕司)

中国も難しいかじ取り
 台湾に統一を迫る中国の習近平(シーチンピン)指導部は、武力行使を放棄しない姿勢をちらつかせ、中国空軍が2017年以降、台湾本島を周回飛行する頻度を上げている。

 台湾国防部は「双方の空軍力の格差が広がっている」と危機感を募らせており、老朽化が指摘される戦闘機の更新を悲願としてきた。米国が、台湾を自らの一部と見なす中国側に配慮しつつ、中台関係の現状維持を図るよう売却する武器の種類や量、時期を調節してきたためだ。

 今回の決定は来年1月の再選をめざす蔡英文(ツァイインウェン)総統にとって、米国との関係強化を示し、対中協調姿勢をとる国民党候補を牽制(けんせい)できる格好の材料になる。蔡氏は15日にも、台北での防衛産業展示会で、F16戦闘機の模擬操縦装置に乗り、「空軍力の強化」をアピールしていた。

 一方、台湾統一を国是とする中国は黙っていない。中国は、米国が7月に台湾への戦車売却を承認した際、米企業への制裁を発表。今回も「強い反応をする」と対抗措置を示唆した。ただ、貿易交渉や香港問題で対米関係がこじれるなか、習指導部も米国とのさらなる関係悪化は望んでいない。国内の強硬派を納得させながらの難しいかじ取りになる。(香港=西本秀、北京=延与光貞)