ご近所の散歩

f:id:amamu:20210123215853j:plain

 今日は小雨。

 ご近所の散歩といえば近頃ジテンシャに乗ることが多かったが、昨日に続けて本日は歩きにした。

 レインウエアを着て相棒と一緒にご近所の散歩に出かけた。

 寒い季節だが、いくつか坂を上り降りすると汗ばんでくる。

f:id:amamu:20210123215914j:plain

f:id:amamu:20210123215934j:plain

f:id:amamu:20210123215954j:plain



 

「何かのどまで出かかってますね、組織委会長」(やくみつる)

f:id:amamu:20210123152745p:plain

「何かのどまで出かかってますね、組織委会長」(やくみつる

 やくみつるさん。「何かのどまで出かかってますね、組織委会長」。

 新年より政治風刺マンガを注意して眺めているが、やくみつるさんの作品がすばらしい。本作品もその一枚。

 2021年1月23日付朝日新聞朝刊より。

「「入院拒否に懲役」閣議決定 野党は反対、修正協議へ コロナ改正法案」

f:id:amamu:20051228113105j:plain

以下、朝日新聞デジタル版(2021/1/23 5:00)から。

 政府は22日、新型コロナウイルス感染症対応の特別措置法や感染症法などの改正案を閣議決定し、国会に提出した。営業時間の短縮命令に応じない飲食店などへの過料や入院措置を拒んだ感染者への懲役刑などの罰則が新たに盛り込まれた。

(後略)

「年金支給額、4年ぶり引き下げ 翌年度以降さらに抑制へ」

f:id:amamu:20051228113105j:plain

以下、朝日新聞デジタル版(2021/1/23 7:30)から。

 公的年金の2021年度の支給額が、今年度より0・1%減ることに決まった。現役世代の賃金水準の低下に合わせて年金支給額を抑える新ルールが適用された。17年度以来4年ぶりの引き下げで、コロナ禍で経済が低迷する中、年金受給者の収入が減ることになった。一方、将来の年金財政のために年金額を抑える「マクロ経済スライド」は3年ぶりに発動されなかった。

 厚生労働省が22日に発表した21年度の支給額は、国民年金を満額もらう人が月6万5075円で、20年度より66円減る。厚生年金は、平均的な収入(賞与を含む月額換算で43万9千円)で40年間働いた夫と専業主婦というモデル世帯なら、2人分で月22万496円と、同228円減る。6月支給分から反映される。

 年金支給額は毎年度、物価や賃金の動きに応じて見直す。総務省が同日発表した20年の消費者物価指数(生鮮食品を含む)は横ばい。一方、17~19年度の実質賃金の動きなどから算出した賃金変動率は0・1%減だった。今回のように物価が上昇または横ばいで賃金が下落した場合、従来なら年金水準は据え置きだった。だが、21年度からは賃金に合わせて年金額を減額する新ルールが導入され、さっそく適用となった。

(後略)

(石川春菜)

「核兵器禁止条約が発効 51カ国・地域、批准 日本や核保有国、不参加」

f:id:amamu:20051228113105j:plain

以下、朝日新聞デジタル版(2021/1/23 5:00)から。

 核兵器の開発や実験、保有などを全面的に禁じる核兵器禁止条約が22日、発効した。昨年10月までに条約を批准した50カ国・地域で、同日午前0時を迎えた場所から順次、条約が効力を持った。現段階では核保有国や、日本など「核の傘」に頼る国々に加わる意向はない。

(後略)

「続くコロナ自宅死、病院の受け入れ限界 「異常な事態」」

f:id:amamu:20051228113105j:plain

以下、朝日新聞デジタル版(2021/1/23 6:00)から。

 新型コロナウイルスの自宅療養中に緊急事態宣言が出ている11都府県のうち7都府県で18人が死亡していたことがわかった。このうち東京都で7人の死が公表されたのは、いずれも今月のことだ。糖尿病だった80代男性は症状がなかったが15日に陽性とわかり、17日に亡くなった。都の担当者は「共通するのは数時間で急変してしまうということだ」と話す。

自宅療養中に死亡、18人 病床逼迫し入院先見つからず

 京都府でも年末以降、2人の死がわかっている。80代女性は昨年12月25日に陽性がわかり、入院調整中の12月末に死亡した。当初の症状は軽かったが、持病があったという。

 次々に判明する自宅死の背景にあるのは、陽性者が急増し、病院の受け入れが限界に達していることだ。

 関係者によると、都内では自宅からの救急搬送依頼が増加。「急変した」「不安だ」と、1日に20件超の搬送要請があるという。中には、心肺停止状態で発見され、搬送後に死亡が確認された人もいる。

 昨年12月の都内の新型コロナ感染者の搬送は300件超だったが、1月は16日までの集計で600件を超す。約8割が自宅からの搬送で、何回病院に連絡をしても搬送先が決まらず、中には搬送先の決定まで12時間かかったケースもある。保健所や医師と相談して搬送を断念するケースも200件以上あるという。

 愛知県も深刻だ。名古屋市で入院調整に携わる名古屋掖済会病院の北川喜己救命救急センター長によると、昨年12月中旬からベッドが埋まり始め、今は、毎日数十人の患者の入院先が決まらない。高齢者で血中の酸素量の目安となる酸素飽和度が下がっている患者や、透析が必要など持病がある患者も入院できない状態だという。

 同病院では、5~6件断られた後に、遠方から発熱患者が搬送されてくることも増えている。北川センター長は「こんなことは今までなかった。異常な状態」と話す。

(後略)

'Hank Aaron, Home Run King Who Defied Racism, Dies at 86'

MLB選手のハンク・アーロン選手が86歳で亡くなった。
MLBの現役時代にハンク・アーロン選手がドイツ系アメリカ人のベーブ・ルースのホームラン記録を塗り替えようとしていたとき、ハンク・アーロン選手が直面したのは、野球における身体能力や精神力の問題だけではなく、野球とは全く関係のない黒人差別の問題であった。けれどもハンク・アーロン選手はそれを乗り越えてホームラン王になった。
たしかJackie Robinsonの自伝の前書きはハンク・アーロン選手が書いたのではなかったか。
ハンク・アーロン選手はジャッキー・ロビンソン選手を野球人としてばかりでなく人として深く尊敬し、ジャッキー・ロビンソン選手はハンク・アーロン選手に深い影響を与えたのだ。
もちろんハンク・アーロン選手はレジェンドと言うべきアメリカ合州国の選手だから当然なのだが、訃報記事の量と質が日本とは比べ物にならないほどまるで違う。

以下、New York Times(Jan. 22, 2021)より。

www.nytimes.com

He held the most celebrated record in sports for more than 30 years.

Hank Aaron was among the greatest all-around players in baseball history, earning his home run record in the face of hate mail and even death threats.


By Richard Goldstein


Hank Aaron, who faced down racism as he eclipsed Babe Ruth as baseball’s home run king, hitting 755 homers and holding the most celebrated record in sports for more than 30 years, has died. He was 86.

The Atlanta Braves, his team for many years, confirmed the death on Friday in a message from its chairman, Terry McGuirk. No other details were provided.

Playing for 23 seasons, all but his final two years with the Braves in Milwaukee and then Atlanta, Aaron was among the greatest all-around players in baseball history and one of the last major league stars to have played in the Negro leagues.

But his pursuit of Ruth’s record of 714 home runs proved a deeply troubling affair beyond the pressures of the ball field. When he hit his 715th home run, on the evening of April 8, 1974, against the Los Angeles Dodgers at Atlanta-Fulton County Stadium, he prevailed in the face of hate mail and even death threats spewing outrage that a Black man could supplant a white baseball icon.

(omitting the rest)