ミズーリ州への旅に関する全米黒人地位向上団体からのアドバイス

同じく、ニューヨークタイムズ(9月2日)の”TIMES INSIDER” (By Marie Tessier and Julia Simon Sept.2, 2017)から。
全米黒人地位向上団体によるアフリカ系アメリカ人に対するミズーリ州への旅行警告を報じた記事に対する声。”TN.A.A.C.P. Issues Travel Advisory Against Missouri”とある。

https://www.nytimes.com/2017/08/31/travel/naacp-missouri-travel-advisory.html

Born and raised [in Missouri] and am a Black Lady who quickly moved after college. I concur with the N.A.A.C.P.; [it] is just as bad as any Southern state. No surprise since state admittance of Missouri was as a slave state under the Compromise of 1820. The racist mind-set has not changed. I abhor coming there for family celebrations.

 以下が拙訳。
 「ミズーリ州に生まれ育ち、大学卒業後は早々引っ越しをした黒人女性です。全米黒人地位向上団体に賛成です。他の南部の州と同様ミズーリ州はひどいです。ミズーリ州が州として認められたのが1820年の妥協のもとで奴隷州として認められたのだから全く不思議ではありません。人種差別の思考態度は変わっておりません。祝い事で帰省する時はぞっとします」

 ミズーリ妥協については、以下参照。
http://www.history.com/topics/missouri-compromise

 全米黒人地位向上団体(N.A.A.C.P.)のアドバイスについては、以下を参照のこと。
http://www.naacp.org/latest/travel-advisory-state-missouri/