Music

映画「アメリカンユートピア」に対する日本の各氏のコメント

American Utopia (soundtrack) 少し前だが、映画「アメリカンユートピア」に対する4月22日段階の各氏のコメント。 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 - 映画・映像ニュース : CINRA.NET

映画"American Utopia" の "I Dance Like This"(2018)

American Utopia (soundtrack) David Byrne のコンサート映画 "American Utopia"(2020年)。 そのSoundtrackからの一曲"I Dance Like This"は、アルバム"American Utopia"(2018年)からの一曲。このアルバムからは5曲採られている。 前から言っているように、…

映画"American Utopia" の "Once in a Lifetime"(1980)

David Byrne's American Utopia David Byrne のコンサート映画 "American Utopia"(2020年)。 そのSoundtrackからの一曲"Once in a Lifetime"はBrian Enoとの共作。Talking Heads の アルバム"Remain in Light"(1980年)からの一曲。 Remain in Light Talking …

「(プレミアシート)「アメリカン・ユートピア」 多様な12人が紡ぐ讃歌」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/6/4 16:30)から。 「アメリカン・ユートピア」 デイヴィッド・バーンはたった一人、裸足でステージに立つ。かつて史上最高のライブ映画と言われたトーキング・ヘッズの「ストップ・メイキング・センス」で、たった一人でステ…

男たちだけでアルバムをつくってしまったというDavid Byrneの「後悔」

American Utopia 映画「アメリカンユートピア」のもとになったDavid Byrneのアルバム'American Utopia'。 映画「アメリカンユートピア」に本作から5曲('I Dance Like This'、'Everyday Is a Miracle'、'Bullet'、'Everybody's Coming To My House'、'Here')…

映画"American Utopia"をつくったDavid Byrne の ”Reasons To Be Cheerful”

American Utopia David Byrne というアーティストは、そもそもミュージシャンをめざしたわけではないようだ。ただ、幼少期に内向的であった自分の性格を、舞台に立って殻を破って自己表現することが面白かったようで、いわば趣味として音楽をやっていた。芸…

映画「アメリカンユートピア」を映画館で観た

David Byrne's American Utopia (以下、映画紹介になるが、いわゆる「ネタバレ」部分もあるため、一度劇場で鑑賞してから読んでいただければと思う。ただ、本作品は筋がわかると面白さが半減するというような作品ではない。何度でも鑑賞体験したくなる作品…

映画"American Utopia" の "Road to Nowhere"(1985)

American Utopia (soundtrack) David Byrne のコンサート映画 "American Utopia"(2020年)。 そのSoundtrackからの一曲"Road to Nowhere"は、Talking Heads の アルバム"Little Creatures"(1985年)からの一曲。 Little Creatures Talking Heads The Band & Th…

映画"American Utopia" の "Hell You Talmbout"

American Utopia (soundtrack) David Byrne のコンサート映画 "American Utopia"(2020年)。 そのSoundtrackからの一曲"Hell You Talmbout"は、唯一例外的に作者がDavid Byrneではなく他作によるもの。ジャネール・モネイ(Janelle Monae)とWondalandによる201…

David Byrne の 映画”American Utopia”(2020年)

American Utopia (soundtrack) TIME誌でも2020年のベスト10のひとつにとり上げられていたDavid Byrne の 映画"American Utopia"。*1 以下、Wikipediaより。American Utopia (film) - Wikipedia 5月7日に予定されていた映画”American Utopia”の日本公開はコロ…

The Beatles の Blackbird(1968)

The Beatles White Album The BeatlesのBlackbird。1968年にリリースされたいわゆるホワイトアルバム中の一曲。 歌詞は、たとえば、以下のサイトを参照。 The Beatles - Blackbird Lyrics | AZLyrics.com たまたまYouTubeを見ていたら、The Beatlesの'Blackb…

”The Night They Drove Old Dixie Down"(1969)の今日的評価

The Band 映画"Once Were Brothers"を2度観て感動したことから、Robbie RobertsonがLevon Helmのために書き下ろしたと思われる"The Night They Drove Old Dixie Down"(1969)について書き始めた。いろいろと調べてみると、詳細に調べないと簡単に書くことがで…

"Young Shakespeare""Way Down in the Rust Bucket""Return to Greendale"を購入した

玉川上水を少し散歩したあと、何駅か乗って下車し、久しぶりにタワーレコード店に寄ってみた。 またまたNeil Youngのアーカイブズ関連なのだろう。三枚、アーカイブズ関連で発売されていた。 店内でも購買意欲をかきたてるようにNeil YoungとCrazy HorseのDa…

Joan Baezの"The Night They Drove Old Dixie Down"(1971)

Joan Baez The Night They Drove Old Dixie Down 映画"Once Were Brothers"を二度観て観る度に感動し、The Bandの名曲"The Night They Drove Old Dixie Down"について、数日前に記事を書いた。 "The Night They Drove Old Dixie Down"は、The BandのRobbie R…

The Band の ”The Night They Drove Old Dixie Down”(1969)

Once Were Brothers Robbie RobertsonとThe Bandの映画 "Once Were Brothers"は昨年12月に劇場で観てすでに記事も書いたが、"Once Were Brothers"を観ませんかとお誘いがあったので、お誘いを受けてミニシアターに行ってきた。 二度目であったが、映画"Once …

「日本のレコード市場、10年で10倍 そのわけとは…?」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/2/12 8:00)から。 2020年上半期の米国でのレコード売り上げが、CDを上回ったという全米レコード協会の昨秋の発表は、衝撃をもって受け止められた。日本でもレコードの売り上げはこの10年で10倍以上になった。カセットテープ市…

Neil Young の”Archives Volume II : 1972-1976”

Neil Young Archives Vol. II Neil Youngの Archives Volume II(1972-1976)が3月に出る。 2009年のArchives I(1963-1972)に続くシリーズ。オリジナル版は昨年11月にすでに完売となっている。今回は一般流通版。 すでにYouTubeで"Daughters"(Official Mus…

Neil Young&Crazy Horseの未発表ライブ盤"Way Down In The Rust Bucket"がリリースされる

Way Down in the Rust Bucket コロナ禍で医療崩壊状況が報道されるなか、音楽の話題どころではないのだが、2月26日にNeil Young&Crazy Horseの未発表ライブ盤"Way Down In The Rust Bucket"がRepriseよりリリースされる 以下、Pitchforkより。 Neil Young A…

'Neil Young Releasing Crazy Horse Live Album/Film in February'

コロナ禍で感染爆発をしているいま音楽の話題どころではないのだが、Neil Youngがまたアーカイブズシリーズとして2月26日に新譜の2枚組ライブ盤ならびにフィルムを出す。 クレイジーホースとの1990年11月13日のライブ。これはアルバム"Ragged Glory"発売後の…

これまで聞いてきたレコードをまたひと箱処分する

vinyl これまで集めて聞いてきたレコードを処分中。すでにひと箱60枚ほどを処分したが、今回はもうひと箱60枚ほどの査定を依頼した。 CDはかなり処分してきたが、今回も、あまり聞かないものから処分を決め査定を依頼した。 CDs

'Once Were Brothers Robbie Robertson And The Band'を観てきた

DVD Once Were Brothers 個人的な話になるが、いわゆる断捨離中でこれまで集めたもろもろの音源を現在少なくしているところで、いまはレコードを処分しているところだ。 Neil YoungとRandy Newmanは確実に一番最後で、Bob DylanとThe Bandがそれに続く。これ…

レコードの行き先が決まらない

vinyl records 「人生は積み重ね」ではなく「積みへらすべき」という岡本太郎氏の教えから、遅ればせながら、これまで収集したいろいろなものの整理と処分を始めたのだが、なかなかこれが終わらない*1。 私の場合、「いろいろなもの」の中には「レコード」も…

Neil Young のEP盤"The Times"がリリースされた

The Times Neil Young のEP盤"The Times"がリリースされた。 曲リストは以下の通り。 Alabama Campaigner Ohio The Times They Are A-Changin' Lookin' For a Leader 2020 Southern Man Little Wing 言うまでもなく"The Times They Are A-Changin'"はBob Dyl…

映画"The Natural"を久しぶりに観た

The Natural 映画" The Natural"(1984)は以前購入したDVDで、映画"The Natural"のサウンドトラックももっている。では、映画そのものが好きでこれまで何度も見ているかといえば、筋もうろ覚えなくらい見ていない。 DVDもサウンドトラックのCDも持っている理…

Neil Youngの”Homegrown”

Homegrown "Homegrown" (2020)の1曲目。'Separate Ways'。 未発表曲。 "I won't apologize The light shone from in your eyes It isn't gone And it will soon come back again "(謝りはしないよ 君の眼に照らされた光は 消えていないし すぐにまた戻っ…

Neil Youngの"Homegrown"を購入した

Homegrown この6月に発売されたNeil Youngの”Homegrown"を先月購入し聴いている。 アルバム"Homegrown"は、アルバム"On the Beach" (1974)が発売されてから "Zuma"(1975)のセッションが始まるまでの1974年6月から1975年1月にかけて録音された音源。発表予定…

「人生は積み重ね」ではなく「積みへらすべき」(岡本太郎)

岡本太郎著「自分の中に毒を持て」については以前紹介した。 冒頭からしてたいへん参考になる。 人生は積み重ねだと誰でも思っているようだ。ぼくは逆に、積みへらすべきだと思う。財産も知識も、蓄えれば蓄えるほど、かえって人間は自在さを失ってしまう。…

「U2、来日公演で中村哲医師を追悼 「プライド」を熱唱」

以下、朝日新聞デジタル版(2019年12月6日22時38分)から。 ロックバンド「U2」が5日のさいたまスーパーアリーナの公演で、アフガニスタンで殺害された中村哲医師(73)とNGO「ペシャワール会」の名前に言及し、中村さんの死を悼んだ。さらに、キング…

MUSIC INTERVIEWS 'A Legendary Collaboration Continues: Neil Young And Crazy Horse Reunite For 'Colorado''

Colorado もう一月前くらいになるが、Neil Youngの新譜'Colorado'についてNPRでインタビューが載っていた。なんとトランスクリプションも利用できる。これはもう隔世の感があるとしか言いようがない。 以下、NPR(October 23, 20195:01 AM ET 7:12)より。www.…

ここ最近はNeil Young の新譜"Colorado"を聴いている

Neil Youngの新譜'Colorado'を聴いている。Crazy Horseとの作品。Crazy Horseとの新作はレヴューによれば12作目。長年のマネージャーElliot Robertsの急死以来の作品となる。 Crazy Horseとのアルバムといえば、'Everybody Knows This is Nowhere'(1969), '…