Movies

映画「アメリカンユートピア」に対する日本の各氏のコメント

American Utopia (soundtrack) 少し前だが、映画「アメリカンユートピア」に対する4月22日段階の各氏のコメント。 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 - 映画・映像ニュース : CINRA.NET

映画"American Utopia" の "I Dance Like This"(2018)

American Utopia (soundtrack) David Byrne のコンサート映画 "American Utopia"(2020年)。 そのSoundtrackからの一曲"I Dance Like This"は、アルバム"American Utopia"(2018年)からの一曲。このアルバムからは5曲採られている。 前から言っているように、…

映画"American Utopia" の "Once in a Lifetime"(1980)

David Byrne's American Utopia David Byrne のコンサート映画 "American Utopia"(2020年)。 そのSoundtrackからの一曲"Once in a Lifetime"はBrian Enoとの共作。Talking Heads の アルバム"Remain in Light"(1980年)からの一曲。 Remain in Light Talking …

「(プレミアシート)「アメリカン・ユートピア」 多様な12人が紡ぐ讃歌」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/6/4 16:30)から。 「アメリカン・ユートピア」 デイヴィッド・バーンはたった一人、裸足でステージに立つ。かつて史上最高のライブ映画と言われたトーキング・ヘッズの「ストップ・メイキング・センス」で、たった一人でステ…

映画"American Utopia"をつくったDavid Byrne の ”Reasons To Be Cheerful”

American Utopia David Byrne というアーティストは、そもそもミュージシャンをめざしたわけではないようだ。ただ、幼少期に内向的であった自分の性格を、舞台に立って殻を破って自己表現することが面白かったようで、いわば趣味として音楽をやっていた。芸…

映画「アメリカンユートピア」を映画館で観た

David Byrne's American Utopia (以下、映画紹介になるが、いわゆる「ネタバレ」部分もあるため、一度劇場で鑑賞してから読んでいただければと思う。ただ、本作品は筋がわかると面白さが半減するというような作品ではない。何度でも鑑賞体験したくなる作品…

小津安二郎監督の「長屋紳士録」(1947年)をはじめて観た

長屋紳士録 小津安二郎監督の「長屋紳士録」(1947年)を観た。 飯田蝶子がおたね役を熱演していた。小津監督は子役の使い方がうまい。シラミの伝染の演出も秀逸。全編落語的で笑わせる。そして笑いが決して古びていない。最後に、上野の戦争孤児の問題に触れ…

映画「マイクロプラスチック・ストーリー」を観た

映画「マイクロプラスチック・ストーリー」を観た。 環境問題としても、学校づくりとしても、すぐれた映画だった。 上映情報 | マイクロプラスチック ・ストーリー 上映情報 プラスチック汚染問題にニューヨークの小学生が立ち上がる! (microplasticstory.o…

小津安二郎監督の「早春」(1956年)をはじめて観た

早春 小津安二郎監督の「早春」(1956年)をはじめて観た。 池辺良も岸恵子も小津映画の常連ではないが、杉山正二(池辺良)・杉山昌子(淡島千景)・金子千代(岸恵子)・北川しげ(浦邉粂子)らが好演している。 これもたいへんよくできた映画。

小津安二郎監督の「彼岸花」(1958年)をはじめて観た

彼岸花 小津安二郎監督の「彼岸花」(1958年)をはじめて観た。 平山清子(田中絹代)・佐々木幸子(山本富士子)・佐々木初(浪花千栄子)らの女優陣が好演している。 男性俳優でも平山渉(佐分利信)が父親役を好演していたが、話の筋としても、男性より女性…

小津安二郎監督の「お早よう」(1959年)を観た

お早よう 小津安二郎監督の映画「お早よう」(1959年)を観た。 おそらく以前に見たような気がするが憶えていない。多分子どもの頃見たもので印象が薄いのはおそらく鑑賞眼がなかったのだろう。 林実(設楽幸嗣)・林勇(島津雅彦)*1の二人の子役が頑張っていた。…

映画"American Utopia" の "Road to Nowhere"(1985)

American Utopia (soundtrack) David Byrne のコンサート映画 "American Utopia"(2020年)。 そのSoundtrackからの一曲"Road to Nowhere"は、Talking Heads の アルバム"Little Creatures"(1985年)からの一曲。 Little Creatures Talking Heads The Band & Th…

小津安二郎監督の「秋日和」(1960年)をはじめて観た

秋日和 原節子が初めて娘役ではなく母役(美和秋子)として登場する小津安二郎監督の「秋日和」(1960年)をはじめて観た。 社会的地位の高そうな間宮宗一(佐分利信)・田口秀三(中村伸郎)・平山精一郎(北竜二)の男三人のいい加減さと、そこに乱入する寿…

小津安二郎監督の映画「晩春」(1949年)をはじめて観た

晩春 小津安二郎の「晩春」をはじめて観た。 小津監督がはじめて原節子を起用した作品。 「麦秋」(1951年)「東京物語」(1953年)の原節子も紀子という名前で、これらを「紀子三部作」と呼ぶことがあるようだ。 劇中の能の観劇の場面がすごい。

映画"American Utopia" の "Hell You Talmbout"

American Utopia (soundtrack) David Byrne のコンサート映画 "American Utopia"(2020年)。 そのSoundtrackからの一曲"Hell You Talmbout"は、唯一例外的に作者がDavid Byrneではなく他作によるもの。ジャネール・モネイ(Janelle Monae)とWondalandによる201…

小津安二郎監督の「東京暮色」(1957年)をはじめて観た

東京暮色 小津監督の作品ではめずらしく暗い作品といわれる「東京暮色」(1957年)をはじめて観た。

David Byrne の 映画”American Utopia”(2020年)

American Utopia (soundtrack) TIME誌でも2020年のベスト10のひとつにとり上げられていたDavid Byrne の 映画"American Utopia"。*1 以下、Wikipediaより。American Utopia (film) - Wikipedia 5月7日に予定されていた映画”American Utopia”の日本公開はコロ…

小津安二郎監督の「一人息子」(1936年)を観た

一人息子 戦前の古い映画だが、きちんつくられた映画で楽しめた。 信州と東京の対比と、当時の不況が背景にある。 サイレント映画を撮り続けた小津監督によるトーキー初作品。 野々宮つね(飯田蝶子)、野々宮良助(日守新一)、少年時代の野々宮良助(葉山…

小津安二郎監督の「麦秋」を再び観た

麦秋 小津安二郎の「麦秋」(1951年)*1を再び観た。 朝原雄三監映画督による「釣りバカ日誌」15作目「ハマちゃんに明日はない!?」でオマージュを込めた「麦秋」の名場面を杉村春子(矢部たみ役)と原節子(間宮紀子役)が演じている。 いうまでもなく戦後…

小津安二郎監督の「秋刀魚の味」(1962年)を観た

秋刀魚の味 小津安二郎の「秋刀魚の味」*1を観た。 1962年の「秋刀魚の味」が小津監督の遺作のようだ。 かなり前に多分何度か観たことがあるのだが、印象が薄い。若い時分だったので、地味過ぎる小津の映画をきちんと評価できなかったのだと思う。 娘を嫁に…

鎌倉をポタリングして映画「日本のいちばん長い日」を観た

相棒といっしょにジテンシャで鎌倉ポタリング。 鎌倉佐助あたりを散策。 ランチは、ドイツパンのサンドイッチとコーヒー。 お店につばめが来ていた。 鎌倉市川喜多映画記念館 鎌倉市川喜多映画記念館 鎌倉市川喜多映画記念館で、映画「日本のいちばん長い日…

「さだまさしさん「憧れの田中邦衛さん」 コメント投稿」

以下、朝日新聞デジタル版(2021年4月2日21時53分)から。 テレビドラマ「北の国から」や映画で活躍した田中邦衛さんが88歳で亡くなった。「北の国から」のテーマ曲を作曲した歌手のさだまさしさんがインスタグラムにコメントを投稿した。 ◇田中邦衛さんが88歳…

The Band の ”The Night They Drove Old Dixie Down”(1969)

Once Were Brothers Robbie RobertsonとThe Bandの映画 "Once Were Brothers"は昨年12月に劇場で観てすでに記事も書いたが、"Once Were Brothers"を観ませんかとお誘いがあったので、お誘いを受けてミニシアターに行ってきた。 二度目であったが、映画"Once …

映画「あこがれの空の下 教科書のない小学校の一年」を見てきた

あこがれの空の下 教科書のない小学校の一年 : 作品情報 - 映画.com (eiga.com) 和光小学校(私立)の教育実践のドキュメンタリー映画。上映時間101分。 教育活動においては「子どもが主人公」と言われるが、子どもが主人公の学校を支えるのは教師集団である…

'Once Were Brothers Robbie Robertson And The Band'を観てきた

DVD Once Were Brothers 個人的な話になるが、いわゆる断捨離中でこれまで集めたもろもろの音源を現在少なくしているところで、いまはレコードを処分しているところだ。 Neil YoungとRandy Newmanは確実に一番最後で、Bob DylanとThe Bandがそれに続く。これ…

映画"The Natural"を久しぶりに観た

The Natural 映画" The Natural"(1984)は以前購入したDVDで、映画"The Natural"のサウンドトラックももっている。では、映画そのものが好きでこれまで何度も見ているかといえば、筋もうろ覚えなくらい見ていない。 DVDもサウンドトラックのCDも持っている理…

「田中絹代さんの気迫に圧倒 キムラ緑子さんお薦めの映画」

以下、朝日新聞デジタル版(2020年6月25日 12時00分)から。 自宅で楽しめるDVDやCD、放送や配信を紹介する連載「私の逸点」。今回、登場していただくのは俳優のキムラ緑子さん。新型コロナウイルスの影響で自宅にいる時間が長くなり、見返した日本映画から…

「映画「新聞記者」、3部門獲得」

以下、朝日新聞デジタル版(2020年3月7日 5時00分)から。 第43回日本アカデミー賞の授賞式が6日、開かれ、各部門の最優秀賞が発表された。内閣官房と女性記者の攻防を描いた映画「新聞記者」が作品賞など3部門を獲得した。主な部門の最優秀賞は次の通り…

「若き日の樹木希林さんも…男はつらいよガイド中・上級編」

以下、朝日新聞デジタル版(2020/1/1 18:00)から。 かつて正月映画の定番といえば、「男はつらいよ」だった。22年ぶりの新作公開でいま話題になっているが、久々すぎて記憶がおぼろげだったり、シリーズを見たことがなかったり、という人も少なくないだろう…

「テーマ特集みんなの寅さん考 寅さん知るにはまずこの5本 男はつらいよガイド初級編」

以下、朝日新聞デジタル版(2019/12/31 20:00)から。 かつて正月映画の定番といえば、「男はつらいよ」だった。22年ぶりの新作公開でいま話題になっているが、久々すぎて記憶がおぼろげだったり、そもそもシリーズを見たことがなかったり、という人も少なく…