Constitutionalism

「「『わめき散らす声』はおかしい」文科相に抗議の大学生」

以下、朝日新聞デジタル版(2019年8月27日18時45分)から。 埼玉県知事選で応援演説に入っていた柴山昌彦文部科学相に対し、大学入試改革への反対を訴えた大学生を警察官が取り囲んで遠ざける騒ぎがあり、ネットなどで話題になっている。27日の会見で柴山氏…

「演説中に抗議受けた文科相「大声出す権利保障されない」」

以下、朝日新聞デジタル版(2019年8月27日12時4分)から。 埼玉県知事選で応援演説をしていた柴山昌彦文部科学相に対し、大学入試改革への反対などを訴えた若い男性を警察官たちが取り囲んで遠ざけたことが、ツイッターなどで話題となり、柴山氏自身も「わめき…

「丸山議員が辞任否定 「前例をつくってしまいかねない」」

以下、朝日新聞デジタル版(2019年5月20日11時39分)から。 日本国憲法第九十九条は次のように定めている。 「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」。 戦争に言及した丸山議員の発言は明らかに…

「丸山氏発言に「発想の先は破滅だけ」沖縄戦を生き抜いて」

以下、朝日新聞デジタル版(2019年5月18日12時30分)から。 北方領土をめぐり「戦争」に言及した丸山穂高衆院議員(35)。北方領土と同様、敗戦で外国の統治下に置かれた沖縄では憂慮の声が上がる。その一人で、学徒として沖縄戦を生き抜いた元衆院議員は「…

「丸山氏の辞職勧告案、野党6党派が提出 自民は難色」

以下、朝日新聞デジタル版(2019年5月17日15時26分)から。 立憲民主党と日本維新の会など野党6党派は17日、北方領土返還に関連して戦争に言及した丸山穂高衆院議員(維新が除名)に対する議員辞職勧告決議案を共同提出した。自民党にも共同提出を呼びか…

「田原総一朗氏「無知蒙昧な発言」 丸山議員に広がる怒り」

以下、朝日新聞デジタル版(2019年5月15日00時09分)から。 日本維新の会は14日、北方領土返還の手段として戦争を正当化するかのような質問を元島民にした丸山穂高衆院議員を、除名処分とした。ビザなし交流のさなかに飛び出した発言に、与野党などから一…

「丸山氏の辞職勧告案、野党6党派が提出へ 自民にも要請」

以下、朝日新聞デジタル版(2019年5月17日12時13分)から。 立憲民主党と日本維新の会など野党6党派は17日、北方領土返還に関連して戦争に言及した丸山穂高衆院議員(維新が除名)に対する議員辞職勧告決議案を共同提出する方針を決めた。自民党にも共同…

「エッセイストは思う 「憲法が語るのは、あなたのこと」」

以下、朝日新聞デジタル版( 2019年5月16日16時00分)から。 エッセイスト 水野スウさん(72) いまでいう「ママ友」づくりのような、絵本についてのおしゃべりから始まった。いろいろな人が集まって語り合う「紅茶の時間」で感じた。「みんな、身の丈の自…

「丸山議員に「自ら進退決めるべき」 野党幹部ら辞職要求」

以下、朝日新聞デジタル版(2019年5月16日11時30分)から。 北方領土返還に関連して戦争に言及した丸山穂高衆院議員(日本維新の会から除名)に対し、野党幹部からは16日も議員辞職を求める声が出た。維新の東徹参院国会対策委員長は記者会見で「元島民の…

「丸山議員、辞職勧告案「可決されようが、任期全うする」」

以下、朝日新聞デジタル版(2019年5月15日20時17分)から。 北方領土返還に関連して戦争に言及した丸山穂高衆院議員(日本維新の会から除名処分)は15日夕、与野党が衆院で自身への辞職勧告決議案を可決すべきか検討していることに対し、自らのツイッター…

「亀の甲で占い、「吉」は栃木・京都 宮中三殿「斎田点定の儀」 「大嘗祭」の米産地選ぶ」

以下、朝日新聞デジタル版(2019年5月13日16時30分)から。 天皇の代替わりに伴って11月に行われる皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」で、神々に供える米を作る都道府県を選ぶ「斎田(さいでん)点定の儀」が13日午前、皇居・宮中三殿で行われた。亀卜…

「「戦争で取り返すの賛成か反対か」丸山議員の音声データ」

以下、朝日新聞デジタル版(2019年5月13日22時24分)から。 「戦争で島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」――。北方四島ビザなし交流の訪問団の一員として同行した日本維新の会の丸山穂高衆院議員(大阪19区)が訪問団長に質問を繰り返した。同行記者…

「維新・丸山氏「戦争しないと」 国後島で訪問団長に詰問」

以下、朝日新聞デジタル版(2019年5月13日22時25分)から。 北方四島ビザなし交流の訪問団の一員として同行した日本維新の会の丸山穂高衆院議員(大阪19区)が、国後島訪問中の11日夜、北方四島の返還に関し、「戦争しないと、どうしようもなくないですか…

「改憲機運「高まっていない」72% 朝日新聞社世論調査」

以下、朝日新聞デジタル(2019年5月3日07時00分)から。 3日の憲法記念日を前に、朝日新聞社は憲法に関する全国世論調査を実施した。憲法を変える機運がどの程度高まっているか尋ねたところ、「あまり」と「まったく」を合わせた「高まっていない」は72%…

「「いまの改憲論はフェイク」憲法学者・樋口陽一氏の危惧」

以下、朝日新聞デジタル(2019年5月3日15時18分)から。 新天皇の即位から3日目で迎えた憲法記念日。日本国憲法の第1章が定めた象徴天皇制とは、政府と国民にどのような態度を求める制度なのか。また、9条に自衛隊を明記する憲法改正が必要だと訴えている…

「「安倍改憲」与野党対立で議論進まず 与党内機運しぼむ」

以下、朝日新聞デジタル版(2019年5月4日03時00分)から。 安倍晋三首相のめざす2020年の改正憲法施行に向けた取り組みが足踏みしている。与野党対立に加え、参院選を前に与党内の機運もしぼんでいるためだ。衆院解散による同日選もささやかれる夏の参院…

「「最悪の天皇の政治利用に」改憲めぐって共産・志位氏」

以下、朝日新聞デジタル版(2019年5月3日21時26分)から。 共産・志位和夫委員長(発言録) 「安倍9条改憲」は許さない。自衛隊を(憲法9条に新たに)書くだけだ、ということを(自民党議員らは)言うが、実際は海外での無制限の武力行使に道を開くものだ…

「安倍政権で改憲、反対58% 9条首相案、反対53% 朝日新聞社世論調査 あす憲法記念日」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月2日05時00分)から。 5月3日の憲法記念日を前に、朝日新聞社は憲法を中心に全国世論調査(郵送)を実施した。安倍政権のもとで憲法改正を実現することに「反対」は58%(昨年調査では50%)、「賛成」は30%(同…

「下村氏、憲法審の幹事を辞退 野党へ「職場放棄」発言」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年11月14日07時05分)から。 臨時国会で憲法改正議論の前進をめざす自民党の戦略に狂いが生じている。下村博文・党憲法改正推進本部長が「職場放棄」と野党を批判したことに反発した野党各党が衆院憲法審査会の開催に応じない…

「野党、閣僚の「政治とカネ」に照準 臨時国会24日開会」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年10月23日09時07分)から。 第4次安倍改造内閣の発足後初の臨時国会が24日に始まる。新閣僚らの疑惑や問題が相次いで報じられ、野党は追及に力を込める。政府与党は補正予算案の早期成立や、外国人労働者受け入れ拡大に向…

「辺野古見直し「必要」55% 自民の改憲案提出「反対」42% 朝日新聞社世論調査」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年10月16日05時00分)から。 朝日新聞社が13、14両日に実施した全国世論調査で、沖縄県にある米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題について聞いた。県知事選で移設に反対する玉城デニー氏が当選したことを受け、安…

「全世代型の社会保障改革「期待できない」57% 朝日新聞社世論調査」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年10月16日05時00分)から。 朝日新聞社が13、14両日に実施した全国世論調査(電話)で、安倍晋三首相が掲げた「全世代型の社会保障改革」について尋ねたところ、「期待できない」が57%で「期待できる」は32%にとど…

「首相発言は「自衛隊の最悪の政治利用」 共産・志位氏」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年10月15日17時20分)から。 志位和夫・共産党委員長(発言録) (安倍晋三首相が自衛隊の観閲式で憲法改正に意欲を示したことについて)本当に常軌を逸した行動だと強く批判したい。自衛隊というのは、政治的中立性が最も厳…

「工藤政務官、集会収入すべて不記載 識者「最悪ケース」」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年10月15日05時05分)から。 工藤彰三・国土交通政務官(自民、衆院愛知4区)が代表を務める政治団体が、支援者らから会費を集めた百人単位の「集会」を開きながら、その収入を政治資金収支報告書に一切記載していなかったこ…

「当選玉城氏、喜びのカチャーシー 「翁長さんの礎継ぐ」」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年9月30日22時24分)から。 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画の是非が最大の争点となった沖縄県知事選で、当選を確実にした玉城デニー前衆院議員(58)は100人以上の支持者が集まる那覇市…

「「辺野古反対」沖縄県民の意思表示 新知事に玉城氏」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年9月30日20時07分)から。 沖縄県民は4年前と同じく、辺野古移設に明確に反対している候補を選んだ。沖縄に新たな基地はこれ以上いらないという意思表示だと言える。 (後略)

当選の玉城氏、無党派や女性が支持 沖縄知事選出口調査

以下、朝日新聞デジタル版(2018年9月30日20時23分)から。 沖縄県知事選で朝日新聞社は30日、沖縄タイムス、琉球朝日放送と共同で出口調査を行った。 米軍普天間飛行場の辺野古移設反対を掲げた玉城デニー氏は、無党派層や女性からの多くの支持を得て、移…

「【中継中】沖縄知事に玉城氏初当選 政権支援の候補破る」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年9月30日20時00分)から。 沖縄県知事選が30日投開票され、前自由党衆院議員の玉城(たまき)デニー氏(58)が、前宜野湾市長の佐喜真(さきま)淳(あつし)氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=ら3氏を破り、初…

「「財務省なんかやめときゃよかったんや」 自殺職員の父」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年9月28日05時07分)から。 「一生懸命、仕事に打ち込んだ結果がこれなら、かわいそうや」。財務省の公文書改ざん疑惑が発覚した後の3月に自殺した財務省近畿財務局の男性職員の父親(83)が朝日新聞の取材に応じた。54…

「マレーシア首相「後退だ」 日本の憲法改正の動きにクギ」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年9月29日11時52分)から。 親日家として知られるマレーシアのマハティール首相が28日午後(日本時間29日未明)、米ニューヨークの国連本部で会見し、日本で憲法改正の動きが出ていることに「戦争に行くことを許すように…