Constitutionalism

「終戦記念日にあたって 日本共産党書記局長 小池 晃」

以下、しんぶん赤旗(2021年8月15日(日))より。www.jcp.or.jp 一、76回目の終戦記念日にあたり、日本共産党は、日本軍国主義による侵略戦争と植民地支配の犠牲となった人々への深い哀悼の意を表明するとともに、痛苦の体験をへて国民が手にした憲法9条を守…

「終戦76年、不戦誓う 天皇陛下、今年も「深い反省」―追悼式、2年連続縮小」

以下、時事通信(2021年08月15日12時36分)より。www.msn.com 終戦から76年を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれた。天皇、皇后両陛下や菅義偉首相、遺族らが参列。天皇陛下はお言葉で、今年も「深い反省」との…

映画「パンケーキを毒見する」を観てきた

パンケーキを毒見する 映画「パンケーキを毒見する」を映画館で観てきた。 本映画はすべての人におすすめだが、とくに若い人達に観てもらいたい映画だ。 安倍政権・菅政権の特徴は、ウソをつく。あることをないことにする。文書で都合の悪い部分は黒塗りにす…

「「めちゃくちゃ」「本当は閉めたい」 西村発言に怒り」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/7/9 20:30)から。 西村康稔経済再生相が、休業要請に応じない飲食店に対し、取引金融機関から働きかけるよう求める考えを示した。翌9日に撤回したが、コロナ禍にあえぐ飲食店への締め付けを強めようとする政府の発想に、一斉…

「「自粛警察をやれというのか」 西村大臣発言に銀行困惑」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/7/9 17:30)から。 新型コロナ対策の休業要請などに応じない飲食店に金融機関から働きかけてもらう考えを西村康稔経済再生相が示したことに対し、金融機関の間で戸惑いが広がっている。法的根拠があいまいなうえ、お金を貸す強…

「要請に応じない飲食店、金融機関から働きかけ?西村大臣」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/7/9 10:26)から。 新型コロナウイルス対応を担当する西村康稔経済再生相は8日夜の記者会見で、休業要請などに応じない飲食店に関し、「こうした情報を金融機関としっかり情報共有しながら、順守を働きかけていく」と述べた。…

東京都議選結果を考える -安全・安心を守ることのできない政権には退場を願うほかないー

先週の日曜日、これは偶然にすぎないがアメリカ独立記念日におこなわれた東京都議選。 自公政権に対する評価。そして東京オリンピック開催に関して、東京都知事、そして東京都議会に対する評価が問われる選挙として注目していた。 個人的意見に過ぎないが、…

「ウーマン村本大輔「今日友達の店が潰れた」日本こそわきまえたほうがいい」

以下、デイリースポーツ(6/26(土) 15:26)より。www.msn.com お笑いコンビ、ウーマンラッシュアワーの村本大輔が23日にツイッターに投稿。友人の店がつぶれてしまったことを記した。 村本は「今日友達の店が潰れた、今月の家の家賃払えなくなるらしい。そん…

映画「アメリカンユートピア」を映画館で観た

David Byrne's American Utopia (以下、映画紹介になるが、いわゆる「ネタバレ」部分もあるため、一度劇場で鑑賞してから読んでいただければと思う。ただ、本作品は筋がわかると面白さが半減するというような作品ではない。何度でも鑑賞体験したくなる作品…

「護憲派「重大な問題抱えたまま」 国民投票法改正案に」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/5/6 18:26)から。 憲法改正の手続きを定める国民投票法改正案が衆院憲法審査会で採決・可決された6日、市民団体や労働組合関係者らが国会近くで反対集会を開き、「改憲を進める狙いが明らかだ」などと抗議の声を上げた。 集ま…

「五輪反対と主張したら「出て行け」 闇と対峙した71歳」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/5/3 14:00)から。 新型コロナウイルスによる死者が1万人を超える中、今夏の東京五輪開催に向けた聖火ランナーが日本列島を縦断している。そのことに無批判なメディアに懸念を示すのが、1998年の長野冬季五輪からずっとオリン…

「制限と補償の前に、問いたい法解釈と統治 木村草太さん」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/5/3 19:00)から。 憲法学者の木村草太さん いま、日本の統治機構の憲法原則が脅かされている――。憲法学者の木村草太さん(東京都立大学教授)は言う。長引くコロナ禍で、移動や営業の自由が制限される生活が続き、十分な補償…

「残さなければならない思い 山寺の石碑に刻んだ憲法9条」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/5/3 18:00)から。 長野県北部、中野市の山寺の境内にひっそりたたずむ石碑がある。前住職の萩原宣章(のぶあき)さん(77)が20年ほど前に建てたものだ。そこには、寺がたどった歴史への思いが刻まれている。 標高1351メート…

「菅政権、初の国政3選挙で「全敗」 野党共闘に弾み」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/4/25 22:13)から。 菅政権にとって初の国政選挙となった参院広島選挙区再選挙と参院長野選挙区補欠選挙、衆院北海道2区補選が25日投開票され、自民党は与野党対決となった広島と長野でいずれも敗れた。候補者擁立を見送った北…

「安倍氏、憲法改正推進本部最高顧問に 「喜んで」と快諾」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/4/20 22:37)から。 自民党の衛藤征士郎・憲法改正推進本部長は20日にあった同本部の会合で、同本部最高顧問に安倍晋三・前首相が就任したと明らかにした。衛藤氏が安倍氏と直接会って就任を要請し、安倍氏は「喜んで」と快諾…

「政治デモ参加者に「近づきたくない」 日本と中国で突出」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/4/16 17:00)から。 政治的なデモに参加する人には「近づきたくない」と考える傾向が、日本と中国では突出して強いことが、アジアと欧米の九つの国・地域の調査からわかった。デモは、投票だけでは表現できない不満や怒りを示…

「「同性婚不受理は違憲」 札幌地裁が初判断 賠償請求は棄却」

以下、毎日新聞(2021/3/17 11:15(最終更新 3/17 11:50))より。mainichi.jp 同性同士の法律婚を認めないのは「婚姻の自由」などを保障した憲法に反するとして、北海道内のカップル3組6人が慰謝料各100万円の支払いを国に求めた訴訟の判決で、札幌地裁(武部知…

前川喜平氏の「今年こそは」(「東京新聞」2021年1月3日)

前川喜平氏の東京新聞の「本音のコラム」が素晴らしい。 さすがである。 今年こそは 前川喜平(現代教育行政研究会代表) 「東京新聞」2021年1月3日 思えば悪夢の八年だった。時代を八十年も昔に戻そうとする人たちが政治権力を握り、学校に教育勅語を…

「「ウーマン村本「THE MANZAI」で本領発揮 ネットでは「尊敬・鳥肌・最高」の声」」

以下、Yahoo!ニュース(12/6(日) 21:48)から。 村本大輔(40)と中川パラダイス(39)によるお笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」が6日、フジテレビ「THE MANZAI 2020 マスターズ」(後7・00~9・54)に出演。強烈なマシンガントークで絶え間なく社会ネタ…

安倍政権の7年8カ月(4) 内田樹氏

以下、以下のブログ(2020年08月29日 14:13)より続き。 https://blogos.com/article/481319/ 安倍政権の7年8カ月 内田樹 感染症は全国民が等しく良質な医療を受けることができる体制を整備することでしか収束しない。しかし、安倍政権は支持者のみに選択的…

安倍政権の7年8カ月(1) 内田樹氏

次に内田樹氏のコメントを紹介したい。 以下、以下のブログ(2020年08月29日 14:13)より。 https://blogos.com/article/481319/ 安倍政権の7年8カ月 内田樹 安倍政権7年8カ月をどう総括するかと問われたら、私は「知性と倫理性を著しく欠いた首相が長期に…

安倍政権を総括する(1の3) 白井聡氏

以下、論座(2020年08月30日)より。 1】安倍政権の7年余りとは、日本史上の汚点である私たちの再出発は、公正と正義の理念の復活なくしてあり得ない白井聡 / 京都精華大学人文学部専任講師日本を取り戻す 一体何から私たちは始めなければならないか。相も変わ…

安倍政権を総括する(1の2) 白井聡氏

以下、論座(2020年08月30日)より続き。 【1】安倍政権の7年余りとは、日本史上の汚点である私たちの再出発は、公正と正義の理念の復活なくしてあり得ない白井聡 / 京都精華大学人文学部専任講師「公正」「正義」の破壊 安倍政権がなぜ許容できないのか、許容…

「「憲法違反が常態化」 学者グループ、臨時国会巡り批判」

以下、朝日新聞デジタル版(2020/8/14 5:00)から。 安倍政権が臨時国会の早期召集の要求に応じていない問題について、政治学者や法学者らで作る「立憲デモクラシーの会」のメンバーが13日、記者会見を開き、「憲法違反が常態的に繰り返されている」と批判する…

「映画「新聞記者」、3部門獲得」

以下、朝日新聞デジタル版(2020年3月7日 5時00分)から。 第43回日本アカデミー賞の授賞式が6日、開かれ、各部門の最優秀賞が発表された。内閣官房と女性記者の攻防を描いた映画「新聞記者」が作品賞など3部門を獲得した。主な部門の最優秀賞は次の通り…

「国内初の武器見本市を見た 防弾チョッキ実演にどぎまぎ」

以下、朝日新聞デジタル版(2019/11/20 16:30)から。 国内で初めて、陸海空にまたがる総合的な武器見本市「DSEI JAPAN」が千葉市の幕張メッセで20日まで開かれた。もともとは英国で開かれてきたが、初の日本開催となった。いったい何が展示された…

「「全国首長九条の会」を結成 現職の首長ら131人賛同」

以下、朝日新聞デジタル版(2019/11/17 19:11) 憲法9条の改憲に反対する自治体の首長らが17日、「全国首長九条の会」を結成し、東京都内で集会を開いた。改憲発議に反対する取り組みや改憲反対の署名運動を進め、全国にある7千を超える九条の会とも連携す…

「武装米兵、国道側に銃口向け射撃動作 施設の訓練丸見え」

以下、朝日新聞デジタル版(2019/11/8 9:18)から。 弾道ミサイル探知用の「Xバンドレーダー」が設置されている米軍経ケ岬通信所(京都府京丹後市)で、武装した米兵が戦闘訓練を行っていたことがわかった。施設内での訓練で、日米間での取り決め上事前告知の…

「安保法制違憲訴訟、原告敗訴 東京地裁も憲法判断せず」

以下、朝日新聞デジタル版(2019/11/7 20:34)から。 集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法が憲法に違反するかが争われた訴訟の判決で、東京地裁(前沢達朗裁判長)は7日、憲法判断をせずに原告の請求を棄却した。全国各地で起こされている一連の訴訟で…

「「『わめき散らす声』はおかしい」文科相に抗議の大学生」

以下、朝日新聞デジタル版(2019年8月27日18時45分)から。 埼玉県知事選で応援演説に入っていた柴山昌彦文部科学相に対し、大学入試改革への反対を訴えた大学生を警察官が取り囲んで遠ざける騒ぎがあり、ネットなどで話題になっている。27日の会見で柴山氏…