You should be ashamed of yourself

「麻生氏「10〜30代、新聞読まない世代は全部自民党」」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年6月24日21時02分から。 麻生太郎・副総理兼財務相は24日、新潟県新発田市で講演し、自民党支持候補が勝利した10日の同県知事選を引き合いに、自民支持が高いのは10〜30代として、「一番新聞を読まない世代だ。新聞…

「「信号無視」のモリカケ答弁 首相の言葉「赤」が3割」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年6月18日11時37分)から。 安倍晋三首相らの国会答弁を独自に分析する手法が、インターネット上で注目を集めている。質問と関係のない答弁を「信号無視話法」と名付けて色分けしたり、質問の趣旨をずらした答えを「ご飯論法…

「トランプ氏「日本に移民送れば晋三は退陣」 G7で暴言」

あのイラク侵攻の前夜、イギリスのトニー・ブレア元首相がブッシュの腰ぎんちゃくと呼ばれていたことがあった。*1 日米関係について「100%共にある」「完全に一致」とよく強調する安倍晋三首相がそのトランプ大統領から脅されるというのはどういうことなの…

「カジノ法案の採決を強行 与党など、衆院内閣委で」

またこの政権はやるべきことをやらず、やらなくてよいことをやった。そう言われても仕方あるまい。 以下、朝日新聞デジタル版(2018年6月15日15時25分)から。 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が15日午後の衆院内閣委員会で、自民、公明両党と…

「自民・二階氏「もりかけ問題、本当に選挙に邪魔っ気」」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年6月11日00時24分)から。 (森友、加計学園の問題などの新潟県知事選への影響について)あのことは我々の選挙にプラスになったわけじゃない。本当に邪魔っ気なことであったと思われます。関係の人たちは、大いに反省をして…

「安倍内閣の退陣求める声明 高村薫さんら「七人委員会」」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年6月7日16時14分)から。 作家の高村薫さんや写真家の大石芳野さんら文化人や科学者ら7人でつくる「世界平和アピール七人委員会」は6日、「安倍内閣の退陣を求める」と題する声明を発表した。「国民・国会をあざむいて国政…

「改ざん、忖度はなかったのか 財務省内部調査の限界」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年6月6日09時10分)から。 改ざんのそもそものきっかけは何だったのか。安倍晋三首相夫妻への「忖度(そんたく)」はなかったのか。5日の国会審議では、財務省が公文書改ざん調査で明らかにしなかった点に疑問が投げかけられ…

「野党、政権強く批判 麻生氏辞任要求を確認 森友文書改ざん」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年6月5日05時00分)から。 決裁文書改ざんをめぐる財務省の調査報告書に対し、野党各党は4日、調査が不十分だとして「幕引きは許されない」と強く反発した。改ざんを主導した佐川宣寿(のぶひさ)・前理財局長らの証人喚問や…

「政治責任なぜ果たさぬ 森友学園問題」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年6月4日23時32分)から。 ゼネラルエディター兼東京編集局長 中村史郎 森友学園問題では「三つの責任」が問われている。 国有地売却の大幅値引きや決裁文書の改ざんが違法かどうかという刑事責任、虚偽の文書と答弁で国会を…

「安倍首相、麻生財務相続投改めて表明 改ざん幕引き図る」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年6月4日20時51分)から。 安倍晋三首相は4日夕、財務省が決裁文書の改ざんの経緯を明らかにした調査結果を受けて記者団の取材に応じ、「改ざんはあってはならない。行政府の長として、責任を痛感している」と述べた。そのう…

「加計学園の面会、架空なら矛盾 愛媛知事「説明不足」」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年6月2日05時05分)から。 学校法人「加計(かけ)学園」の愛媛県今治市への獣医学部新設で、県文書に書かれた加計孝太郎理事長と安倍晋三首相との面会は、実際はなかった――。学園のそんな説明に県が不信感を強めている。事務…

「森友改ざん・背任容疑、佐川氏ら全員を不起訴 大阪地検」

以下、朝日新聞デジタル版(5/31(木) 15:59配信 )から。 学校法人森友学園(大阪市)をめぐる一連の問題で、大阪地検特捜部は31日、国有地の大幅値引き売却に対する背任や決裁文書を改ざんした虚偽有印公文書作成など全ての告発容疑について、財務省幹部…

「(社説)党首討論 安倍論法もうんざりだ」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月31日05時00分)から。 質問に正面から答えず、一方的に自説を述べる。論点をすり替え、時間を空費させる――。1年半ぶりにようやく開かれた党首討論は、そんな「安倍論法」のおかげで、議論の体を成さない空しい45分と…

「(社説)麻生財務相 もはや辞めるしかない」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月31日05時00分)から。 麻生財務相はただちに辞任すべきである。公文書の重み、財務省が犯した罪の深さを理解できない大臣に、問題を解決できるはずがない。 森友学園問題をめぐる決裁文書の改ざんを、財務省は「書き換え…

「森友文書「改ざんとか、悪質なものでない」 麻生財務相」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月29日13時32分)から。 財務省が森友学園との取引をめぐる決裁文書を改ざんしたことについて、麻生太郎財務相は29日午前の衆院財務金融委員会で、「悪質なものではない」と述べた。問題を軽視するような発言で、野党か…

「首相答弁は「ご飯論法」? 面会問われて、関与なし強調」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月29日11時00分)から。 森友・加計(かけ)学園をめぐる新たな文書の公表後、初めての集中審議が28日に衆参両院の予算委員会で行われた。安倍晋三首相は従来の答弁を変えず、質問に正面から答えない場面も。つじつまの…

「加計学園、なしのつぶて 「架空面会」巡り愛媛知事憤慨」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月29日05時00分)から。 愛媛県今治市の獣医学部新設をめぐり、学校法人「加計(かけ)学園」の加計孝太郎理事長が安倍晋三首相と面会したと県の文書に記されている問題で、県は28日、「県と市に誤った情報を与えた」と…

「立憲の追及に首相「作られたストーリー」 委員会騒然」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月28日13時35分)から。 加計(かけ)学園理事長と安倍晋三首相の面会を記した愛媛県の文書に、財務省が「廃棄した」と説明してきた森友学園との1千ページ近い交渉記録。28日午前に開かれた参院予算委員会の集中審議で…

日大学長、謝罪会見 危機管理「できてないと実感」 悪質タックル

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月26日05時00分)から。 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で日大選手が関学大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、日大の大塚吉兵衛学長が25日、記者会見し「関学の関係者に謝っても謝り…

「「つぶせ」理念あればあんな誤解ない 法大ヘッドコーチ」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月24日05時18分)から。 法大の有沢玄ヘッドコーチは「戦術的にタックルするという意味で『つぶせ』という言葉を使うことはある。ただ、チームの理念、目的がしっかりしていれば誤解は無いし、あのような反則は起きえない…

「辻元氏「日大アメフト部、安倍政権に重なって見える」」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月24日19時29分)から。 辻元清美・立憲民主党国対委員長(発言録) 昨日は雨の中、過労死の犠牲を出されたご家族が、官邸の前に遺影をお持ちになって座り込みをされた。激励に行ってきたが、当事者の声を聞いてほしいとい…

「加計氏・首相の「面会」、今治市長「メモあると思う」」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月25日22時00分)から。 学校法人「加計(かけ)学園」の愛媛県今治市への獣医学部新設をめぐり、2015年2月に安倍晋三首相が学園の加計孝太郎理事長と面会したと県の文書に記載されていることについて、今治市の菅良…

「働き方改革法案、衆院厚労委で可決 29日にも衆院通過」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月25日21時19分)から。 安倍政権が今国会の最重要法案と位置づける働き方改革関連法案は25日の衆院厚生労働委員会で、自民、公明両党と日本維新の会の賛成多数で可決された。立憲民主党など野党が激しく抗議する中で、…

「「加計の車」新たな火種 内閣府幹部の利用、政府が調査」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月24日21時48分)から。 加計(かけ)学園の獣医学部新設をめぐる愛媛県の新文書で、首相官邸幹部らと学園関係者の接触が特区認定に影響を与えたかが再び焦点になるなか、内閣府幹部らが出張時に学園の車を利用していた問…

「尾木氏が日大指導者に「独裁者の顔は見たくない」」

以下、日刊スポーツ(2018年5月24日)より。 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(71)が、日大アメリカンフットボール部の内田正人前監督(62)と井上奨コーチ(30)が行った会見の内容に「恥ずかし過ぎる!」と不快感をあらわにし、辞職すべきとの…

「財務省、答弁の裏で意図的廃棄 「政治史に残る大事件」」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月24日09時46分)から。 国会答弁の裏で、決裁文書を改ざんするだけでなく、交渉記録を意図的に廃棄していた。森友学園問題で財務省が23日、衝撃的な事実を明らかにした。この日公表された文書からは、土地取引の特異さ…

「日大コーチ「心を育てるため過激表現」 反則指示は否定」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月23日22時29分)から。 過激なことは言ったが、反則は指示していない――。アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で日大の選手が悪質なタックルをした問題で、日大アメフト部の前監督とコーチは23日、記者…

加戸前県知事「愛媛県文書の信頼性分からぬ」 加計問題

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月23日17時27分)から。 加戸守行・前愛媛県知事(発言録) 愛媛県から新たに(2015年2月25日に安倍晋三首相と加計学園理事長が面会し、獣医学部新設について話したと記載された)文書が出たが、伝聞の伝聞なので発…

「昭恵氏付職員、森友側の希望を理財局に伝える 交渉記録」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月23日13時55分)から。 財務省は23日、森友学園との国有地取引をめぐる交渉記録を公表した。この交渉記録の中には、安倍首相の妻昭恵氏付の政府職員だった谷査恵子氏が15年11月、財務省理財局の担当課に学園との土…

「「獣医学部いいねと言ったのですか」問われた首相、無言」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月21日20時48分)から。 学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、2015年2月に学園の加計孝太郎理事長が安倍晋三首相と面会して学部新設の目標について説明し、首相が「新しい獣医大学の考えはいいね」と返した…