「どうだい」の意味の"How do you like them apples?"

Good Will Hunting

 「アメリカ人ならだれでも知っている英語フレーズ4000」という本を最近入手し、読み始めている。
 この本の冒頭から、英語として聞いたことがあっても、日本語の解説を読んで、意味が明確に確定するフレーズも多いし、恥ずかしながら、よく知らないフレーズもたくさん出てくる。
 How do you like them apples?も、そうしたうちのひとつだ。
 この本の「補足」としても説明があるように、映画グッド・ウィル・ハンティング [DVD]で、このフレーズが出てきるのだが、マット・デイモンの台詞が英語として聞こえても、その意味するところが、実は私にはよくわからなかった。
 それは、高慢ちきなハーバード大学の学生に対して、その日たまたま知り合った女性の電話番号を獲得して、マット・デイモンが言う台詞がこれだ。

 I got her number. How do you like them apples?


 「どうだい」と言いたいのだろうという流れはわかっても、コトバとして、なぜapples(リンゴ)が唐突に出てくるのか、私には全くわからなかったのだ。
 「アメリカ人ならだれでも知っている英語フレーズ4000」によれば、「自分が述べたことについて、それをどう思うかと嫌味っぽく問う表現」ということだそうだ。
 またUrban dictionaryでも、them applesについて、"it is used in the term, "how do ya' like them apples?" basically meaning, "what do you think about that?" it is a phrase that intends to piss people off. "という解説を見つけた。
 また同じくUrban dictionaryで、別のところの説明では、them applesは、「リオ・ブラボー」という1959年のジョン・ウェインの映画に出てくるという解説を見つけた。
 ひょっとすると、グッドウィルハンティングの台詞は、この映画を下敷きにしているのかもしれない。
 文化活動では、こうした本歌取りは結構あるから、おそらくそうなのだろう。
http://www.urbandictionary.com/define.php?term=them+apples

In the movie Rio Bravo in 1959, a guy tosses a hand grenade and says "How do ya like them apples?"


Will: Do you like apples?
Clark: What?
Will: Do you like apples?
Clark: Yeah.
Will: Well, I got her number. How do you like them apples?


 Good Will Huntingのシナリオは、マット・デイモンベン・アフレックが二人で台詞を考えながら共作したと言われている。その意味で台詞がなかなかいいのだ。Good Will Huntingは、私の好きな映画のひとつで、LDも持っている。
 歴史家であるハワード・ジン(Howard Zinn)の名前も登場し、Good Wil Huntingが良心的な作品のひとつであることに間違いはない。