今日はワイタンギ・デー (0)

ワイタンギ・デー(2005年2月6日)

 このブログで紹介しているように、私は、ある私立大学の附属高校の英語の教師なのだが、2004年度に1年間の海外研修の機会を大学から得て、ニュージーランドに滞在した。
 次の文章は、その海外研修について、「アオテアロアニュージーランドと二つの公用語」と題して提出した報告書である。
 昨年4月4日にこのブログにも掲載したものを大幅に加筆したものであるが、もとより学術的なものではありえない。ニュージーランドに滞在してみての印象や感想にすぎないけれど、ワイタンギ・デーの日に再度掲載することも意味があるのではないかと思い以下掲載する。





Clumsy English Writing of Mine

'Aotearoa New Zealand and the Two Official Languages' (0)
”Today is Waitangi Day”

As mentioned in this blog, I am an English teacher at a high school attached to a private university in Tokyo. In 2004, the university gave me the opportunity to go abroad and study for one year and I decided to stay and study in New Zealand.
 The following is a report I submitted on that overseas training, entitled 'Aotearoa New Zealand and the Two Official Languages'.
 It is a revised version of the one that was also posted on this blog on April 4 last year, but it cannot be considered academic in nature. It is nothing more than my impressions of my stay in New Zealand, but I thought it might be meaningful to post it again on the occasion of Waitangi Day, so here it is.