1964年の「奥さまは魔女」(Bewitched)

Bewitched

 Oldiesの「奥さまは魔女」(Bewitched)をYouTubeで観た(1964年10月29日放映)。
 ハローウィーンキャンディを売るための魔女のイメージを描いてほしいと客からDarrinに依頼があり、その魔女は、伝統的なステレオタイプの鼻の曲がった醜い魔女であった。
 ハローウィーンの時期の放映作品で、魔女たちがステレオタイプのイメージには困ったものだと嘆いている。奥さまが実際に魔女という設定だから、そうした伝統的な魔女のイメージに対して、「差別的(攻撃的)」(offensive)(discriminative)だと、サマンサ(Elizabeth Montgomery)が真剣に怒る。You're prejudiced.(偏見がある)だと。
 soap dramaレベルの「奥様は魔女」(Bewitched)で、「抗議のデモ行進」(protest march)、「非暴力」(non-violence)、「プラカード」(sign)などの用語が登場するのは、やはり60年代というべきだ。公民権運動の影響が当たり前のものとしてあったのだろう。
  Don't split hairs.(小さなことにこだわるな)というイディオムも出てきた。