初心者の好運でタラウェラ湖で鱒をしとめる

 アンドリューも仕事の関係で、昼食後、帰ることになった。
 南アフリカ出身のチャールズも昨日帰っているから、これですでに三人が帰ったことになる。
 アンドリューともきちんと挨拶をして別れた。
 生徒は私も含めてすでに3人しかいないので、講師レイのオンボロ車で、マイケルとデイブ、そして私とで最後の釣りに出かけることになった。
 生徒の中では、今回残ったこの三人がおそらく一番あか抜けないグループなのかもしれない。エドワードもアンドリューも喋りが得意だし、特にエドワードはスマートでクールだ。喋くりの二人がいなくなったせいで心なしか、アイリッシュのマイケルが喋り上手になっている気がして、たまたまブラーニー城(Blarney Castle)のブラーニーストーン(Blarney stone)の話になった。
 ブラーニーストーンはアイルランドのブラーニー城にあり、キスをすると雄弁になると言われている石のことだが、いま書いたように、観光客がこの石にキスをすることで有名で、私もたまたまこのブラーニーストーンについてはロンリープラネットを熟読する癖があって知っていたから、そのことを話題にすると、四分の一はアイリッシュが入っていると自称する講師のレイが、あの石は観光客がいないときに小便をする奴が多いことでも有名で、俺は絶対にキスなんかしないと言ったから、一同大笑いになった*1
 さて、この少しさえない三人組の今回の行き先は、タラウェラ街道沿いのブルーレイク、グリーンレイクを越えた先にあるタラウェラ湖である。
 この近くのロトマハナ湖は、パートナーと一緒に訪れたことがあるので、私にとってこのあたりは少しは馴染み深い場所だ。
 タラウェラ湖に着いて、講師レイに何のフライがよいか、フライの入った箱を開けて聞いてみたら、フライフィッシングの教室で私の作ったフライを試してみようと言う。
 レイに仕掛けをつくってもらって、ウェーダーを履いて、私もタラウェラ湖に入る。
 ときたま小雨が降るが、右手にタラウェラ山を見ながらの湖での釣りは毎度のように気分がいい。
 キャスティングは、スナップをきかさずに、手首と手を固定し、後に強く引いて時計の1時のところでストップし、前に強くフォワードすることを注意されるが、キャスティングはなかなかむずかしい。それでも、昨日のように、ラインが絡むことはほとんど無くなっていた。
 キャスティング後は、フライが沈むのに、10くらい数えてから、ラインを引き始める。インディケーターを使うことの少ない夜釣りや日中の湖の釣りでは、魚のあたりがすぐわかるように、棹を低くして、棹とラインをたるませずに真っ直ぐにすることが肝心ということはすでに教わっていて、これは身につけた。ラインを引く際には、リズミカルに、チョンチョンと引いたりすることが魚の食い気を誘う意味で効果的であることもすでに講師のレイから学んだ。
 タラウェラ山方向にマイケル、そして更に向こうにデイブがいる。
 時折彼らのキャスティングする、ムチが空気を切るようなヒューヒューという音が聞こえる。
 前を見ると、湖には、鴨や白鳥が静かに移動している。
 講師のレイは、われわれ三人を交互にまわり、風の方向や、湖の中の水の流れについてなど、いろいろな技術を教えてくれる。
 キャスティングがうまくいっているときでも、向かい風のときは、さすがに距離が出ない。けれども追い風のときは、下手くそな私のキャスティングでも、なんだかいっぱしの釣り師になったように、ラインの距離が出て気分がいい。
 魚が釣れようが釣れまいが、こうして湖でのフライフィッシングは気持ちがいいものだ。
 いつものようにそんなことを考えながら、キャスティングをしたあとで、ラインを引いて、手繰り寄せていると、あたりがある。
 すると、はるか前方遠くで、銀色に光るマスが飛び跳ねた。
 興奮して私が叫び声をあげると*2、マイケルの面倒をみていた講師のレイが、私の方を向いて、「棹をあげろ」「魚が逃げ始めたら、ラインを放して行かせろ」「ラインはゆるめず、巻けるときに巻け」と叫ぶ。
 実際、マスが逃げるときは、ものすごいスピードだ。
 ジーっとうるさい音を立てながらリールが勝手に回りだす。
 私も棹をあげながら、巻き返す。
 また遠くで魚が身体をくねらせて光りながら飛び上がった。こいつは、かなりの大物だ。
 獲物と私とのファイトには結構な時間がかかったような気がする。さすがにマスもくたびれたようだ。たまたまネットを持っていなかったので、棹を上にあげながら、岸辺にそのまま近づけとレイが私に言う。浅瀬で、銀色に光るマスが横たわっているが、最後にひと暴れする元気は持ち合わせているようだ。
 「すでにかなりのストレスがかかって魚はくたびれているから、口を水面から少し出すようなかたちで、そのまま岸辺の方まで引いて来い」とレイが言う。
 水面よりもマスの頭を少し上に持ち上げるような格好で引いてきて、岸辺付近でレイが魚を取り上げると、背びれが緑色で身体全体は銀色の美しいレインボートラウトだった。
 「きれいな魚だ」(’Beautiful fish.!’)と、レイが私に向かって繰り返す。
 私も今回は、昨日のような子ども扱いではなくて、自分でキャスティングして、釣り上げた大物だからなんとも嬉しい。
 レイも嬉しそうに湖の中で釣りをしているマイケルに向かって「俺のフライフィッシング講座で作った自作のフライで、奴はこいつを釣り上げたぞ」と叫んだ。
 そう言えば、そうだった。
 夢中になっていたから気がつかなかったけど、自分で作ったフライで釣り上げたのだった。これは何とも二重に嬉しいことだ。
 いつものようにレイは、腰にぶらさげているこん棒で、マスの頭を数回殴って魚をしめた。
 それにしても大きなマスだ。
 人間の肩幅くらいの大きさは楽にある。60センチ、3キロくらいはあるだろうか*3。 
 「こいつは俺のところで育てた奴だ。こいつは二年ものだろう」と、魚を見ながら、レイが言った。
 釣り上げた獲物を持って、レイと一緒に、デジタルカメラで記念撮影。写真は、マイケルに撮ってもらった。

自分のフライで釣り上げたレインボー

 マイケルとデイブも昨日釣り上げて、釣ったマスをリリースしているので、私の釣った魚で記念撮影と相成った。
 彼らがその写真を他人に見せて、俺が釣ったんだと言っても、あながちこれは嘘にはならない。

*1:私は家族全員でアイルランドに小旅行に出かけたことがあって、そのアイルランド旅行中、時間が足りず、このブラーニーストーンへは行けなかったのだが、行っていたらイギリス語が少しでも得意になるようにと私は必ずキスしていたことだろう。まさに危機一髪、危ないところだった。http://www.iol.ie/~discover/blarney.htm

*2:魚を捕らえたこういうときには、’I got the bastard!’と言うらしい。

*3:60センチ、3キロほどのマスで、中型。鱒と鮭は同種類の魚だが、日本なら、その大きさからして鱒を鮭と間違うだろう。