映画"American Utopia" の "I Dance Like This"(2018)

 

f:id:amamu:20210511120038j:plain

American Utopia (soundtrack)

 David Byrne のコンサート映画 "American Utopia"(2020年)。

 そのSoundtrackからの一曲"I Dance Like This"は、アルバム"American Utopia"(2018年)からの一曲。このアルバムからは5曲採られている。

 個人的なことなのだが、前から言っているように、現在、音楽の音源の断捨離中なのだが、映画「アメリカンユートピア」のできがあまりにも素晴らしく、今回"American Utopia"(2018年)のCDを入手してしまった。

 

f:id:amamu:20210509180952j:plain

American Utopia

  CDの中にDavid Byrneによる一文が書かれている。

 以下はその冒頭部分。

   Is this meant ironically? Is it a joke? Do I mean this seriously? In what way? Am I referring to the past or the future? Is it personal or political? These songs don't describe an imaginary or possibly impossible place but rather attemp to depict the world we live in now. Many of us, I suspect, are not satisfied with that world-the world we have made for ourselves.  We look around and we ask ourselves-well, does it have to be like this? Is there another way? These songs are about that looking and that asking.

 (omitting the rest)

 

(拙訳)

 これは皮肉的になのか。冗談なのか。私は真面目に言っているのか。どんなふうに。過去について言っているのか、それとも未来についてなのか。個人的か、それとも政治的か。これらの唄は、想像的な、あるいは、ありえない場所について描いているのではなく、いま私たちが生きている世界について表現しているのだ。思うに、多くの私たちはそうした世界、自分たちが自分たちのためにつくってきた世界に満足してはいない。周りを見渡して自問する。こんな風でなければいけないのか。別の道はないのか。これらの唄はそうした眼差しと問いかけなのだ。

 (後略)

 

 以下、 ”I Dance Like This"の一部分。

 
We dance like this
Because it feels so damn good
If we could dance better
Well you know that we would

I'm working on my dancing
This is the best I can do
I'm tentatively shaking
You don't have to look
Can't say I'm sorry
I can't say I'm ashamed
Can't think of tomorrow
When it seems so far away

We dance like this
Because it feels so damn good
If we could dance better (Hehe)
Well, you know that we would
We dance like this
Because it feels so damn good
If we could dance better (Hehe)
Well, you know that we would

(拙訳)

 

こんなふうに私たちは踊る

なぜってめっちゃ気分がいいから

もっとうまく踊れるなら

そうね、そうする

 

ダンスの練習中

これが精一杯

とりあえず からだを揺らすよ

見てもらう必要はありません

ごめんねとは言いません

明日も考えられません

かなり遠くに思えるから

 

こんなふうに私たちは踊る

なぜってめっちゃ気分がいいから

もっとうまく踊れるなら

そうね、そうする

こんなふうに私たちは踊る

なぜってめっちゃ気分がいいから

もっとうまく踊れるなら

そうね、そうする

 

 アルバム"American Utopia"の”I Dance Like This"は、地味なピアノから始まり、コーラスの「こんなふうに私たちは踊る」で大音響になる。

 自己表現の重要性を強調し、なにより人間の尊厳(一人ひとりの個人の尊重)を歌っている”I Dance Like This"は、地味だが、いい曲だ。

 映画"American Utopia"では、音楽が止んで、集団でダンスを踊る場面があり、ニューヨークの観客が少し笑う。笑わせるためにやっている演出ではないと思うが、自然にユーモアが感じられる場面だ。

 アルバム"American Utopia"の”I Dance Like This"は、2018年のNPRのベスト100の100位に選ばれている。

The 100 Best Songs Of 2018 : NPR