World

「インド代表、五輪予選を断念」

以下、共同(2021/5/5 16:52)から。 新型コロナの感染拡大が深刻なインドのカヌー代表チームがアジア予選出場を断念し、東京五輪出場の可能性が消滅したと、地元メディアが4日、報じた。五輪予選を兼ねたカヌーのアジア選手権が7日までタイのパタヤで実施さ…

「世界最大のビール祭り中止 4カ月超先でも「健康優先」」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/5/4 15:30)から。 ドイツで毎年秋に開かれる世界最大規模のビール祭り「オクトーバーフェスト」(10月祭)が2年連続で中止になることが3日、決まった。祭りは4カ月以上も先だが、新型コロナウイルスの感染が収まるかは現時点…

「インド、コロナ感染が累計2千万人超に 初の邦人死者も」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/5/4 19:44)から。 新型コロナウイルスの感染拡大が続くインドで4日、新たに35万7229人の感染者が確認された。1日当たりの新規感染者が30万人を超えるのは13日連続となり、感染者の累計は米国に次いで2千万人を超えた。 在イン…

「中途半端な対策は意味ない…死者激増ブラジルからの警告」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/5/1 7:30)から。 ブラジルの新型コロナ感染状況は、制御できなくなった福島やチェルノブイリの原子炉と同じ状態だ――。世界的に著名な脳神経学者で医師のミゲル・ニコレリス米デューク大学教授(60)は、母国ブラジルが「世界…

「「ミャンマーの旗の下で戦えない」 競泳選手が東京五輪ボイコット」

以下、毎日新聞(2021/4/26 23:00(最終更新 4/26 23:00))より。mainichi.jp 国軍がクーデターを起こしたミャンマーで、東京オリンピックを目指してきた競泳選手が出場ボイコットを表明した。激烈な弾圧による死者は700人を超え、アスリートも犠牲になった。…

「(社説)香港の自由 物言えば厳罰の理不尽」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/4/17 5:00)から。 色とりどりの多くの傘が、公園や通りを埋め尽くした。2019年8月18日。政府に抗議するために集まった市民は、170万人に上ったとされる。 警察との大きな衝突はなく、デモは平和裏に行われた。その…

「ミスコン出場の大学生「ミャンマーを助けて」 涙の訴え」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/4/3 18:04)から。www.asahi.com クーデターで国軍が権力を握り、市民への激しい弾圧を続けるミャンマー。その母国の代表として国際的なミスコンテストに出場した大学生が、「どうかミャンマーを助けてください」と、国際社会…

「核禁条約で討論、自民議員も「オブザーバーめざすべき」」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/2/13 11:41)から。 1月に発効した核兵器禁止条約と日本の核軍縮政策をテーマに国会議員を招いた討論会が12日、オンラインで開かれた。条約の署名・批准については賛否が分かれたが、政府が慎重な第1回締約国会議へのオブザー…

「コロナ禍で上がる指導者の支持 例外は日本のなぜ」

数日前の記事だが、以下、朝日新聞デジタル版(2021/2/3 16:00)から。 国家が危機に見舞われた時、政治指導者はいかに国民の生命・財産を断固守る気構えを示し、国民に協力と団結を促すことができるか、その資質と力量が試される――。世界的に新型コロナウイル…

「ミャンマーで最大規模の抗議デモ 軍はネット遮断命じる」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/2/6 22:33)から。 ミャンマーの最大都市ヤンゴンで6日、クーデターで権力を掌握した国軍に抗議するデモがあった。参加者は3千人規模に達し、1日のクーデター後、最大の抗議行動となった。職務を放棄する「不服従運動」なども…

「近所に警察、消える住民…軍政の恐怖「またあの闇が」」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/2/6 20:30)から。 8日で発生から1週間となるミャンマー国軍のクーデターは、アウンサンスーチー国家顧問らを拘束したままで、10年近く続いた民政を根底から崩す可能性がある。半世紀以上続いた軍主導の政治に苦しめられた人た…

「NY株が続落、633ドル安 約3カ月ぶりの下落幅に」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/1/28 9:23)から。 27日の米ニューヨーク株式市場は、主要企業でつくるダウ工業株平均が大きく続落し、前日比633・87ドル(2・05%)安い3万0303・17ドルで取引を終えた。下落幅は昨年10月以来、約3カ月ぶりの大きさ。700ドル超…

「核兵器禁止条約が発効 51カ国・地域、批准 日本や核保有国、不参加」

以下、朝日新聞デジタル版(2021/1/23 5:00)から。 核兵器の開発や実験、保有などを全面的に禁じる核兵器禁止条約が22日、発効した。昨年10月までに条約を批准した50カ国・地域で、同日午前0時を迎えた場所から順次、条約が効力を持った。現段階では核…

「「進歩をもたらすのは多様性」 メルケル首相が新年演説」

以下、朝日新聞デジタル版(2020/12/31 11:14)から。 ドイツのメルケル首相は新年を迎えるにあたっての国民向け演説で、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるには困難な時期が続くとしたうえで、「ワクチン以外で最も効果的な方策は、私たちの手中にある。一…

「核禁条約、発効まであと1カ国 早ければ来年1月にも」

以下、朝日新聞デジタル版(2020/10/24 8:32)から。 核兵器の開発や保有、使用などを幅広く禁じる核兵器禁止条約の批准国・地域が49に達し、発効条件まであと1に迫った。カリブ海のジャマイカ、太平洋のナウルの両島国が23日、批准書を国連に寄託した。 核禁…

「「足元から震えが」 中村医師と交流あった澤地久枝さん」

以下、朝日新聞デジタル版(2019/12/4 17:33)から。 アフガニスタンで4日、銃撃され死亡した医師の中村哲さんの著書「人は愛するに足り、真心は信ずるに足る」の聞き手を務め、一緒に講演もするなど親交のあったノンフィクション作家の澤地久枝さんがコメン…

「アフガンで銃撃、中村哲医師が死亡 現地で人道支援」

以下、朝日新聞デジタル版(2019/12/4 16:49)から。 アフガニスタン東部ナンガルハル州の州都ジャララバードで4日朝、同国で人道支援に取り組んできたNGO「ペシャワール会」(事務局・福岡市)の現地代表で、医師の中村哲さん(73)の乗った車が何者か…

「アフガンで中村哲医師が銃撃され負傷 現地で人道支援」

以下、朝日新聞デジタル版(2019/12/4 15:15)から。 アフガニスタン東部ジャララバードの地元警察などによると、4日朝、同国で人道支援に取り組んできたNGO「ペシャワール会」(事務局・福岡市)の現地代表で、医師の中村哲さん(73)の乗った車が何者…

「原発、教皇「使うべきでない」 安全性懸念、見直し訴える」

以下、朝日新聞デジタル版(2019/11/27 16:30)から。 日本とタイの訪問を終え、26日に日本を離れたローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が、ローマに向かう教皇特別機内で記者会見し、原子力発電について「安全が保障されない限り、核エネルギーは使う…

「(ローマ教皇来日)教皇、震災被災者と集い 原発めぐり「勇気ある重大な決断を」」

以下、朝日新聞デジタル版(2019/11/25 16:30)から。 来日中のローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が25日午前、都内で東日本大震災の被災者との集いに参加した。教皇はスピーチで復興に向けた連帯をたたえる一方、東京電力福島第一原発事故に触れ、将…

「核の傘の下で語る平和は「偽善」 広島訪問のローマ教皇」

以下、朝日新聞デジタル版(2019/11/24 19:33)から。 訪日中のフランシスコ教皇は24日午後、広島市の平和記念公園で、「平和の集い」に出席した。教皇は「戦争のために原子力を使用することは、犯罪以外の何物でもない」と指摘した。また、「核戦争の脅威で…

映画「東京裁判」(1983年)を観てきた

映画「東京裁判」を初めて観た。 モノの見方・考え方として、一面では正しいが、多面的に見ると、正確な見方・考え方とは言えないということがある。こんな基本的なことはあえて強調するまでもないことなのだが、最近の日本では短絡的なモノの見方・考え方が…

「「サウジ皇太子が命令」CIA結論 記者殺害で米紙」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年11月17日11時05分)から。 サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏が、トルコのイスタンブールにあるサウジ総領事館で殺害された事件で、ワシントン・ポスト紙は16日、米中央情報局(CIA)が「サウジのムハンマド皇…

「トルコ大統領、音声記録を5カ国に提供 サウジ記者殺害」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年11月11日01時50分)から。 サウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ総領事館で殺害された事件で、トルコのエルドアン大統領は10日、現場の音声記録をサウジのほか、米英独仏に提供したと明らかにした…

「記者殺害「最高レベルが命令」 トルコ大統領が米紙投稿」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年11月3日22時50分)から。 サウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件で、トルコのエルドアン大統領は2日の米ワシントン・ポスト紙への寄稿で、「サウジ政府の…

「サウジ人記者「絞殺され、遺体切断」 トルコ検察が声明」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年11月1日07時20分)から。 サウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件で、トルコ検察は10月31日、カショギ氏は総領事館に入ってすぐに絞殺され、遺体は切断…

「安田さんの妻「よくがんばった」 家族や仲間、安堵の声」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年10月24日06時59分)から。 シリアで行方不明になってから3年余り。フリージャーナリスト安田純平さん(44)が解放されたとの情報が23日、日本政府に入った。「よかった」「無事帰ってきて欲しい」。安田さんの身を案じ…

「共産・小池氏「政府、サウジに真相究明要求すべきだ」」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年10月22日19時25分)から。 小池晃・共産党書記局長(発言録)(サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏が、トルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された疑惑をめぐり)サウジ政府による、計画的、組織的殺害だっ…

「不明記者、生きたまま切断か サウジ見解と異なる可能性」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年10月17日18時47分)から。 トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館に入った後に消息を絶ったサウジ人記者のジャマル・カショギ氏が、生きたまま体を切断され、殺された可能性が浮上した。英国の中東専門ニュースサ…

「記者は総領事館で死亡、サウジ認める「口論で殴り合い」」

以下、朝日新聞デジタル版(2018年10月20日07時55分)から。 トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館でサウジ人記者のジャマル・カショギ氏が殺害された疑惑で、サウジ政府は20日、カショギ氏が総領事館内で死亡したと認めた。国営通信が伝えた。…