YouTube

'I had always dreamed of owing a Ferrari.'(会話)の過去完了のニュアンス

英文法の重要項目として知られている過去完了は、過去の時間の中のある一点(時期・時間)を基軸にして、その時点までのことを叙述すると説明されるだろう。 過去完了の前に習うと思われる現在完了は、その時間的基軸は現在が機軸となる。少し機械的だが、現在…

やっちまった車の傷の修復を試みる

あ~あ、やっちまった。 緊急事態宣言下の2月、買物のため少し遠出をして二階建ての立体駐車場に停めていた車を出庫する際に、かなりゆっくりと出していたのだが、思いがけず車体が左右に揺れた。やっちまった。金属の柱にうしろをこすってしまった。これが…

Neil Young の”Archives Volume II : 1972-1976”

Neil Young Archives Vol. II Neil Youngの Archives Volume II(1972-1976)が3月に出る。 2009年のArchives I(1963-1972)に続くシリーズ。オリジナル版は昨年11月にすでに完売となっている。今回は一般流通版。 すでにYouTubeで"Daughters"(Official Mus…

断熱のための簡易二重窓の作成を試みる

YouTubeで断熱のための簡易二重窓のつくり方を見て、断熱・防寒対策のために、わが家の窓にもやってみたくなった。 材料はポリカーボネート中空構造板がよいらしいが、かなり値段が高いので安価なプラダンにした。厚さは4mm。 窓の内側に長さ1mのガラス戸…

'Once Were Brothers Robbie Robertson And The Band'を観てきた

DVD Once Were Brothers 個人的な話になるが、いわゆる断捨離中でこれまで集めたもろもろの音源を現在少なくしているところで、いまはレコードを処分しているところだ。 Neil YoungとRandy Newmanは確実に一番最後で、Bob DylanとThe Bandがそれに続く。これ…

Neil Young のEP盤"The Times"がリリースされた

The Times Neil Young のEP盤"The Times"がリリースされた。 曲リストは以下の通り。 Alabama Campaigner Ohio The Times They Are A-Changin' Lookin' For a Leader 2020 Southern Man Little Wing 言うまでもなく"The Times They Are A-Changin'"はBob Dyl…

Barefoot in the Park(はだしで散歩)

Barefoot in the Park(はだしで散歩)は、ロバート・レッドフォードとジェーン・フォンダの映画は観たことがあるが、演劇は観たことがなかった。 今回はじめてYouTubeにあった上演作品を観てみてみた。 これがなかなかのできだったので、以下、紹介しておく…

ランディ・ニューマンの「白人大統領への夢」(2012)

The Randy Newman Song Book 以下、6年以上前のThe New Yorker (September 18, 2012)より。 https://www.newyorker.com/culture/culture-desk/dreaming-of-a-white-president バラク・オバマが再選勝利を果たした2012年のアメリカ合州国大統領選。 Randy New…

久しぶりにGreat Streets - Sunset Boulevard with Randy Newman VHSを観た

ロサンゼルス育ちのランディ・ニューマンによるロサンゼルスにあるサンセット大通りの案内ビデオ。 約1時間。2000年製作。 植民が始まったダウンタウンから太平洋に向かう27マイルの旅。 エコパーク(Eco Park)、ビバリーヒルズ(Beverly Hills)、ビバリーヒル…

Neil Youngの新譜"The Visitor"を入手した

昨年12月に発売されたNeil Youngの新譜"The Visitor"を入手した。 https://pitchfork.com/news/neil-young-announces-new-album-the-visitor-shares-already-great-listen/ "The Monsanto Years"(2015)、"Earth"(2016)に続く、Promise of the Real(POTR)との…

Stephen Fry in America Episode 02(Deep South)を観た

2008年にBBCで放映されたイギリス人スティーブン・フライのアメリカ合州国周遊の旅。 第二回目は、深南部(Deep South)である。 https://www.youtube.com/watch?v=2cn8io3kplA まず、南部州のヴァージニア州(Virginia)。 Mason-Dixon roadを走り、北部と南…

Stephen Fry in America (episode 01  New World)

2008年のBBCテレビ放映だが、イギリス人のスティーブン・フライ(Stephen Fry)がロンドンのタクシーに乗ってアメリカ合州国を旅する"Stephen Fry in America"というシリーズ(全6回)があって、これがなかなか面白い。 https://www.youtube.com/watch?v=_yO6B…

映画「KUBOクボ 二本の弦の秘密」を観てきた

映画「KUBOクボ 二本の弦の秘密」(Kubo and the Two Strings)を観てきた。 本作品は、アメリカ映画だが、舞台と道具立ては日本という作品。 アメリカ合州国の影響を受け、コスモポリタン的作品は日本に多いが、その逆は少ない。 映画パンフレットは読んでい…

「米NBC、朝の情報番組の「顔」をセクハラ疑惑で解雇 大物司会者」

今度はマット・ラウアー(Matt Laurer)氏の解任と、次々と解任される大物アンカーマンたちをネタに、スティーブン・コールベアが、今や自分は数少ない男性のアンカーマンだと笑いをさそいながら、またもや「ウァー(Wow)」で始まるトランプ大統領のツイー…

「銃の暴力に無力感に襲われるが、われわれは無力ではない」("Gun Violence Makes Us Feel Powerless, But We're Not")

テキサス州のサザーランド・スプリングスでの銃撃事件(the mass shooting in Sutherland Springs, Texas)。 ラスベガスの銃撃事件から、約35日。銃社会のなかで、銃の暴力にたいしてアメリカ合州国は、無力感に襲われている。 アメリカ合州国にはお笑い番…

トランプ大統領の来日を伝えるデイリーショー

トランプ大統領のアジア歴訪、来日をデイリーショー(The Daily Show)が伝えている。 記者会見での声明発表で、原稿を読みながら日本経済を褒め称えたところで、アドリブで、(経済大国の)USAほどではないよね、でも二番目にはなれる(But you’ll be second…

"Texas Church Shooting Leaves at Least 26 Dead, Officials Say"

以下、The New York Times(NOV. 5, 2017)より。 By DAVID MONTGOMERY, CHRISTOPHER MELE and MANNY FERNANDEZ SUTHERLAND SPRINGS, Tex. — A gunman clad in all black, with a ballistic vest strapped to his chest and a military-style rifle in his h…

Pitchforkの“Dark Matter”レビュー

Dark Matter Pitchforkには、"Dark Matter"のMike Powellという人のアルバムレビューもある。 これもためになった。 http://pitchfork.com/reviews/albums/randy-newman-dark-matter/ その他、インターネットには、Randy Newmanの"Dark Matter"に関する情報…

“Dark Matter”についてのRandy Newmanへのインタビュー(Pitchfork)

以下のPitchforkのURLで、Randy Newmanの新譜“Dark Matter”に収められている全曲の紹介が、Randy Newman自身へのインタビューで読める。 数日前に"Dark Matter"の曲紹介で悪戦苦闘してアップしたが、これを先に読んでいれば、苦労する必要もなかったわけだ。…

J.D.Salingerの"The Catcher in the Rye"を再読した

David Shields/Shane Salernoが編んだJ.D.Salinger(Jerome David Salinger)に関する"Salinger"という本がある。 サリンジャーに関わりのあった人たち*1の証言をもとにしたサリンジャーの”自伝”だ。 若き日のサリンジャーは、ノーベル文学賞を受賞した劇作…

「移設阻止「仁義」の心で 「同志的連帯」菅原文太さんの妻 辺野古基金1億円超す」

偏見もあるが、暴力シーンを見たいと思ったことがないため、これまでヤクザ映画を観たいと思ったことがない。 だから、相次いで亡くなった高倉健さんや菅原文太さんの若い時分の任侠ものやトラック野郎などの映画を1本も観たことがない*1。けれども、菅原文…

J.D.Salingerの"The Catcher in the Rye"を再読した

小説というものを俺はほとんど読んでいないのだが、それでもいくつか読んだものもあって、たとえば高校生のときにJ.D.Salingerの"The Catcher in the Rye"を読んだことがある。 英語で読んだから大変だったのだが、主人公が男の子の小説だから、思春期の俺に…

インターネット時代は調べようとおもえば調べられる時代

遅まきながら、このTransatlantic Sessionsを調べてみた。 アイルランド、スコットランド、北アメリカ合州国など、ケルト音楽のセッションということだ。 いまはWikipediaもあるし、YouTubeもあるし、The Guardianも読める。 http://en.wikipedia.org/wiki/T…

インターネット時代の外国語学習

いま日本で仕事をしているが、インターネットでBBCのラジオを聞いていると、どこにいるのかわからなくなる。 インターネットで、海外の新聞も読める。私がサンフランシスコではじめて外国に行ったときとは、環境が全く違う。 留学という体験では、さまざまな…

コメディアンによるスコットランド独立問題のトーク

スコットランドの独立問題は政治的な問題だが、イギリスの「対話と討論」のレベルから、私たちは学ぶ必要があるかもしれない。 たまたまネットをブラウズしていたら、"Kevin Bridges on Scottish Independence"という動画に遭遇した。 http://www.youtube.co…

政治風刺番組ネタとしてのスコットランド独立問題

以下は、"Last Week Tonight with John Oliver"から。 http://www.youtube.com/watch?v=-YkLPxQp_y0 政治風刺番組のJohn Oliver*1にしても、Jon Stewartにしても、それほど見ていないし、見たとしても、たいてい俺は笑えない。英語の理解力や彼らの常識(知…

特定秘密保護法案について学ぶ

特定秘密保護法案について新聞やインターネット上の情報から学んでいる。 アクセス可能なvideonews.comや各種学習会、公開討論なども大変参考になる。 なかでも元毎日新聞記者の西山太吉氏の沖縄密約の話は大変説得力があり、沖縄密約から教訓を深く学ばなけ…

映画"Lincoln"を観てきた

スピルバーグ監督の映画「リンカーン(Lincoln)」を映画館で観てきた。 断るまでもなく、私は映画評論家ではないし、歴史家でもない。 スピルバーグ監督によるこの映画を、映画としての視点を中心にして語ることは可能だろう。YouTubeでそうした視点でコメン…

"Who Was Mark Twain"を読んだ

"Who Was..." seriesは、小学生向けだろうか。子ども向けの"Who Was..." seriesの"Who Was Mark Twain"を読んだ。 "The Adventures of Tom Sawyer"は、Mark Twain(Samuel Langhorne Clemens)の子どものときの体験をもとに書いた作品。 面白いアイデアやいた…

映画「42」(2013)

YouTubeで、ハリソン・フォード(Harrison Ford)のインタビュー*1を見ていたら、新作映画「42」の話になった。 俺はMLBについては全く詳しくはないけれど、Jackie RobinsonがMLBで最初のアフリカ系アメリカ人選手であることくらいは知っている*2。そして、…